【紫デジモン】

●目次

概要

コラボブースター【デジモン超進化!】で登場したデジモン達を使用したデッキのうちを中心としたデッキ。
デジモンとは幼年期I成長期成熟期アーマー体完全体究極体のいずれかの系統を持つカードの総称で、
進化】【アーマー進化】【ジョグレス進化】【超進化】によって高コストスピリットを素早く召喚する術に長けている。
もっとも紫のデジモンに現状【アーマー/ジョグレス進化】はない。

ドローとコアシュート、リアニメイトを得意とするオーソドックスな紫の効果を揃えている。
また【赤デジモン】との混色用のカードも多数存在する。

構築

成長期を3~8枚、成熟期を6~9枚、完全体を6~9枚ほど採用する構築が一般的。

デビモンデーモンのリアニメイト効果やムゲンマウンテンのレベルコア緩和によりデジモンデッキの中では比較的横に並べる戦術を得意とする。

ドローに優れるインプモンピコデビモン
リアニメイトに優れるデビモンイビルモン
強力な除去効果を持つベルゼブモンベルゼブモン ブラストモード
など優秀な呪鬼が揃っているため【呪鬼】デッキのカードを組み合わせるのもよいだろう。

スピリット

  • 成長期
    • ガブモン
      デジモン共通のサーチカード。アグモンとガブモンは同サイクルカードより性能が高めとなっておりシナジーも存在する。
  • ピコデビモン
    シンプルなドロー効果を持つ。紫のコスト3成長期は全員手札を増やすタイプなのでデジモンデッキでも紫らしいドローの優秀さを発揮する。
  • バクモン
    追加のサーチカード。赤との混色で真価を発揮するものの、キーとなる完全体究極体を呼び込むためそれだけでも優秀。
  • ガルルモン
    消滅させる必要はないので非常に手軽にコアシュートとドローを行える。
    またLv1から進化を持つため場合によって成長期を挟むより早く完全体を召喚できる。
  • ライドラモン
    アーマー体であるが、紫で不足しがちなコアを補いつつ打点を増すため相性は良い。
    緑シンボルの供給も、相性がいいカードが多く優秀。
  • ヴェノムヴァンデモン
    トラッシュ送りは3コアと多め。
    耐性を逆手に取る効果もデッキの弱点を補えるため優秀。
  • ベリアルヴァンデモン
    6コアシュートと2ドローは単純に強力。
    貴重なダブルシンボルは以降に軽減としてもコア不足の紫には役立つ。
  • メタルガルルモン
    非常に強力な除去と回復効果持つ究極体。破壊耐性も持ちフィニッシャーとなりうる。
    できる限り回復状態で召喚・煌臨し効果を有効活用したい。
  • オメガモン マーシフルモード
    コスト7以上のスピリットに《煌臨》できる、ダブルシンボルの究極体。
    怒涛の連続アタックを決めるためフィニッシャーとしての性能は非常に高い。
    紫属性のトラッシュにカードを落とす性能の高さは効果と噛み合っている。
  • アルファモン
    ライフ減少後の【バースト】でボトムバウンスと4枚になるまでのドローを行える全色の究極体
    アタック時にはコストを支払って回復、コアシュートなど、様々な色の効果を併せ持つ。
  • ベルゼブモン
    成長期の破壊をキーに召喚できる。上手く回していると召喚元が手札に戻ってしまうため召喚し辛いので、No.3 ロックハンドで落としたインプモンピコデビモンなどとリアニメイトを組み合わせると便利である。
    上記性質上デジモンデッキ以外の方が使いやすいものの、デッキの多くをデジモンに揃えることで召喚・アタック時の効果を大幅に強化できる。
  • ベルゼブモン ブラストモード
    相手コアの消費、ほぼ1体確定のコアシュート、チェンジによる連続アタック、打点強化と非常に攻撃的な性能を揃えたフィニッシャー。ベヒーモスヴェノムヴァンデモンでブロックの抑止も行いたい。
    相手の対象を正確に選べない点に注意し、事前に他のコアシュートで調整したい。
  • 他デジモン

ブレイヴ

ネクサス

  • デジヴァイス
    成長期がいるだけで手札を増やせる効果や、破壊されたりサーチ中に落ちたキーカードを回収できるため、デジモンデッキにおいて非常に使い勝手の良い効果となる。
    シンボルは白晶防壁などの防御マジックの軽減に扱えるため重宝する。
  • D-3
    各種ノーコスト召喚メタを突破して【進化】【超進化】を狙える。
    ガブモンなどの効果でオープンされても手札に加わるため、手札に加えやすいのが特徴。
  • ムゲンマウンテン
    1コアで自分カード全体のレベルコストを賄うことができる。
    数を並べる際に各Lv2以上の効果を使えなくなる、という事を防ぐ。
  • ダークタワー
    自分も相手ターンに煌臨で除去しながら攻撃するという動きができなくなるので注意が必要である。赤軽減はバクモン運用にも役立つ。
  • 創界神ヘラ
    呪鬼用創界神。
    強力な召喚時効果を持つカードは少ないが除去されない紫シンボルとして重要な役割もあり、ハンデス効果も役立つ。

マジック

  • ナイトレイド
    序盤に展開した相手を一気に削りドローを行うことでテンポが取れる。

デッキの動かし方

成長期デジヴァイス旅団の摩天楼などを使いドローしていく。余裕があればライドラモン等を召喚し始動のためのコアを稼いでおくと良い。。
ムゲンマウンテンガルルモンワーガルルモン等でのコアシュートで相手の盤面を崩しながらアタックを繰り返す、途中にデビモンを挟んだり、デーモンを煌臨後アタック時効果でトラッシュに落ちたデジモンを召喚し頭数を揃えていく。
展開した小型スピリットはチャンプアタック/ブロックやデッドリィバランス等の対象にしつつベルゼブモンを召喚してコアシュートとドローを重ねたい。

コアを多めに乗せた相手にはベリアルヴァンデモンベルゼブモン ブラストモード等で除去しつつ、その多シンボルで更に攻めていきたい。
相手に止めるカードがないのと踏み早々にメタルガルルモンを煌臨してフィニッシュを狙うのも良い。
耐性持ちにはヴァンデモンヴェノムヴァンデモンの効果でアンブロッカブルを狙う。

弱点

デッキに進化ルート構築のためのカードで埋めるため事故率が上がり、カード単体で相手に対処する性能は下がりがちとなる。
召喚時、手札が増える、ノーコスト召喚と各種メタやバーストに引っかかりやすい。

BPやコアの不足から全体除去で一掃される危険も多い。
また紫としてはコスト0をあまり採用できないのもあり速度が遅く、耐性持ちへの対応策であるヴァンデモン等を除去されると耐性疲労ブロッカーなどには手も足も出ない場合も。

デッキの派生系

【赤紫デジモン】

【赤デジモン】との混色構築。
BP破壊や指定アタックにより除去に幅を持たせる。バクモンエボリューションシュート等の最大軽減を狙って展開を補助する。
進化/超進化】に赤と紫を同時に所持するカードも多いものの、デッキのキーカードとなりえるカードがいないのが難点。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-17 (金) 23:41:22
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索