【白デジモン】

●目次

概要

コラボブースター【デジモン超進化!】で登場したデジモン達を使用したデッキのうちを中心としたデッキ。
デジモンとは幼年期I幼年期成長期成熟期アーマー体完全体究極体のいずれかの系統を持つカードの総称で、
名称:「進化」を含む効果によって高コストスピリットを素早く召喚する術に長けている。

回復やバウンス、効果耐性を持つ白らしい大型スピリットを展開してのビートダウンが主力。

構築

進化】【超進化】を軸とする場合、成長期を3~8枚、成熟期を6~9枚、完全体を6~9枚ほど採用する構築が一般的。
ただし白は他の色ほど完全体をフィニッシャーに据える必要性が薄く、《煌臨》による究極体を主力とする場合は一般的な煌臨デッキに近い構築にもなりうる。
ただしデジモン用創界神の追加により【進化】、【超進化】と神託とサーチカードのセルフバウンスがかみ合うためデジモン専用効果を利用したデッキの利点も生まれている。

成長期のサーチサイクルやデジヴァイスなど他色のデジモンデッキと共通のドローカードを使用できるほか、デジヴァイスは白シンボルであり軽減に活用できる。

スピリット

  • モノドラモン
    デジノームを活用すればほぼ単色構築でも0コア召喚可能でレベル1から成熟期に【進化】可能と小回りが非常によく、レベルコア4とはいえ直接完全体になれる事も動きやすい。
    またゴツモンやベタモンで落ちてしまったネクサスや李 健良を回収もできる。
    青デジモンへの進化・超進化も可能なため、通常の白デジモンと違う動きも望める。
  • ベーダモン
    相手依存ではあるものの強力なコアブーストが可能。エンドステップ回復効果も悪くはない。
  • アンドロモン
    耐性配布とアンブロッカブルによりブレイヴで耐性とシンボルを補強すればフィニッシャーになりうる。また機人なのでテリアモンの対象となれる。
  • ナノモン
    アルティメットを含むバウンスにコアブーストによる生存、エンド時回復と万能型の完全体。
  • ヴァジラモン
    バースト召喚可能。ボトム送りと耐性配布も役立つ。
  • メタルガルルモン
    相手の反撃のためのコアをトラッシュに送りながらアタックできるため状況にもよるが強力なラッシュ性能を誇る。
    単体では回復状態で場に出さないと有効活用できないが、李 健良でその欠点を克服できる。
  • オメガモン
    20000規模の除去と回復、ライフ破壊を持ったダブルシンボルであり非常に強力なフィニッシャーとなる。
  • ジエスモン
    ハックモンからサーチできるため手札に引き込みやすく、バースト破壊とアンブロッカブルも安定した動きに貢献する。
  • アルファモン
    ライフ減少後の【バースト】でボトムバウンスと4枚になるまでのドローを行える全色の究極体。シンボルは紫。
    アタック時にはコストを支払って回復、コアシュートなど、様々な色の効果を併せ持つ。
  • マリンエンジェモン
    バースト】を持つ青スピリット。召喚後はアタック時にトラッシュのネクサスを配置することで、シンボルを稼いだり相手の除去からリカバーできる。
  • ジャスティモン
    ボトム送りと同時に場に出て追加戦力となれるため頭数の操作としては上々。
    スピリットとしては回復効果しか持たないため、シンボルブレイヴで補強したい。
  • バイフーモン
    アクセルで複数バウンスを行う他アタック抑制により厄介なアタック時効果を持つ相手をけん制できる。
  • 奇機械宇宙人ガピヤ星人サデス
    紫/白の機人。アタックステップ中の相手スピリットの召喚もしくは《煌臨》に反応して手札またはトラッシュからノーコスト召喚できる。
    煌臨元として何度も使い回せるのが利点。

ブレイヴ

  • シンボルなし
  • 鎧鷹スイラン・ホーク
    コスト1の【神速】ブレイヴ。合体条件がコスト6以上と重く、【超進化】や【アーマー進化】先に合体させる形となる。
    ソウルコアがあればシンボル追加が可能なため、《煌臨》との相性は悪い。
    いざというときは【神速】でスピリットとして召喚し、防御手段としても使える。

ネクサス

  • デジタマ
    成熟期以上のスピリットに疑似的な破壊耐性を付与するシンボルのネクサス。
  • デジヴァイス
    成長期がいるだけで手札を増やせる効果や、破壊されたりサーチ中に落ちたキーカードを回収できるため、デジモンデッキにおいて非常に使い勝手の良い効果となる。
    シンボルであるため軽減上の相性も良い。
  • ヒュプノス
    デジモンを出すことでコアブーストを行える。

創界神ネクサス

  • 創界神アテナ
    機人用創界神。テリアモンで対応できる系統であるため比較的コアを乗せることができるがデジモンにはテリアモン自身やガルゴモンなど他系統になりがちな枠も多く、ジャスティモンくらいしかアクセルがないため効果は活かしづらい。デジモン外の機人を借りる場合も鋼鉄名称指定などが多いためデジモンデッキで活用できない場合が多くデッキコンセプト的な咬みあいはイマイチ。
  • 白銀のゼロ
    テリアモン系列は神軽減対応なため1枚で2軽減を行いやすくなる。
    クルモンが落ちてもコアチャージ対象にしつつ回収できるため無駄がない。

マジック

デッキの動かし方

成長期デジヴァイスによってドローを行いつつ、【進化】でサンダーボールモンタンクモンを召喚して相手の場をあけるかガードロモンで耐性を持たせて場を固める・
破壊耐性とコアブーストを同時に行えるナノモンや耐性持ち疲労ブロッカーのマグナモン等もいると心強い。
ガルゴモンでバーストを確認をしながらアタックに移り、耐性・バウンス・アンブロッカブルを兼ねそろえるアンドロモンラピッドモン(テイマーズ)、耐性はないものの幅広いバウンスとアンブロッカブルを持つジエスモンで相手ライフを直接狙うか、強力な除去能力を持つセントガルゴモンメタルガルルモンメタルシードラモン煌臨し決着を仕掛ける。
余裕があればブレイヴで耐性とシンボルを追加したい。

弱点

デッキに進化ルート構築のためのカードで埋めるため事故率が上がり、カード単体で相手に対処する性能は下がりがちとなる。
また召喚時、手札が増える、ノーコスト召喚と各種メタやバーストに引っかかりやすい。

デッキの派生系

【究極体コントロール】

ハックモンを起点に色やデジモンコラボカードに拘らずに幅広いカード投入し、究極体の性能を最大限に発揮できるように調整されたデッキ。成熟期完全体はあまり採用しない。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-14 (土) 02:44:34
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索