【爪鳥】

●目次

概要

系統:爪鳥を中心にしたデッキ。

初期から爪鳥には強力なカードが散見されたが系統としてのまとまりはなく、系統デッキを組む意義は薄かった。
しかし剣刃編に入りの【強化】を持つ系統に選ばれた事で疲労効果を中心としたコンセプトが出来上がり、それに付随した系統サポートも登場し、デッキを爪鳥で統一するメリットも生まれた。
烈火伝からは系統:「忍風」のスピリット群の中の「風魔」の系統として選ばれており、爪鳥としてのサポートこそ無いものの強力なカードが登場した。

十二神皇編からはアニメ「バトルスピリッツダブルドライブ」の主人公、ヨク・アルバトロサの使う系統として登場し、多くの優秀な爪鳥スピリットやそのサポートカードを手に入れ、環境デッキ入りを果たした。
元々ソウルコアを積極的に使う系統でもなかったため、《封印》を行う構築に切り替えるのも容易。
煌臨編では《煌臨》を持ったスピリットが多数登場し、新たな軸で構築することが可能となった。また、神皇編では途中でほとんどサポートされなくなった爪鳥そのもののサポートカードも増加し、純粋な系統強化をされている。

風を起こすイメージから【暴風】を持つスピリットも多く、疲労の【強化】と相まってサポートを共有しやすい。
→参考:【暴風】

分身】を持つスピリットのほとんどは爪鳥に分類されるため、【分身】を中心としたデッキ構築も可能。
→参考:【分身ビート】

十二神皇編で1年にわたり強化された《封印》を用いる神皇/十冠を軸とした構築に関しては
→参考:【緑神皇】

構築

爪鳥のスピリットはそのほとんどがに属するが、一部に青や白のカードも存在する。
いずれのカードも緑の軽減や緑として扱う効果を持つので緑を中心に構築される。

スピリット

  • 低コスト
    • チキンナイト
      コスト0の最軽量の爪鳥
      神皇スピリットのコスト軽減が主な役目だが、そうでなくとも入れておけば便利。
  • ゲニン・スズメ
    1コストでありながら2体疲労を狙えるスピリット。
    序盤の軽減要員と終盤の詰めのどちらの場面でも活躍が期待できる。
  • 風魔タシギ
    召喚時に相手の合体スピリットを強制分離させる【神速】スピリット。
  • 風魔シノビリカ
    ソウルコアが置かれている忍風スピリットがアタックするだけで、相手の疲労状態のスピリット/アルティメットを手札に戻せる。
    他に忍風スピリットを入れなくともこのスピリットだけで効果が完結しているため非常に強力。
  • 癸の使徒ユリカモ
    相手に対し、以外のスピリットの効果での召喚を間接的に妨害する爪鳥
    軽減も多くアタック/ブロック時のコアブーストも優秀なので率先して入れたいスピリット。
  • 中コスト
  • 癸の跳獣ベルジアン
    アタック時のコアブーストと、疲労状態のスピリットを手札に戻す効果を発揮する爪鳥
    鳥獣魔神などと合体させることで1体バウンスの確定除去となる。
  • 生還者コウロコー
    神速】と効果破壊への耐性を持ち、お互いのデッキ破棄を封じる爪鳥
    軽減が多く召喚しやすいのも魅力。
    のトラッシュ肥やしやのデッキ破棄などの対策にうってつけ。
  • 加速癸鳥エアイレイザー
    相手のマジックを無効にする【アクセル】により、耐性を持たない自分のスピリットを守りつつ攻めることができる。
    召喚時の疲労効果も単純ながら強力であり、特にこのデッキであれば系統サポートも受けられるため相性が良い。
  • 鳥武神シシグイ
    爪鳥がアタックした時疲労させる効果、BP上昇、エンドステップの回復と3通りのサポートを行うスピリット。
    自身はフィニッシャーに向かないが、コスト以上の活躍が見込める。
  • 辛騎士ヴァン・イーグル
    《封印時》に爪鳥全体に対しバースト封じ効果を与える爪鳥
    単体でも回復しての2度のアタックや疲労効果などを持っており、柔軟に動けるスピリット。
    その分BPがかなり低いためブレイヴによる補強は必須となる。
  • 風魔頭首シノビオウ
    ライフ減少後の【Sバースト】で相手スピリット2体を疲労させながら召喚できる忍風/爪鳥
    起導】で発動させれば2体のスピリット/アルティメットをデッキ下に送る強力な効果と化す。
    召喚後もコアの数に応じて何度でも疲労効果を発揮するため、非常に便利な1枚。
  • 白凰孔雀シルヴィアス
    召喚時にデッキから異魔神をノーコストで展開できる効果を持つ爪鳥
    このスピリットを採用する場合はデッキ内の異魔神ブレイヴの比率をなるべく高めておきたい。
    Lv2からのアタック時には手札に爪鳥を補充できるため、が苦手とする手札補充も手伝ってくれる強力なサポーター。
  • 高コスト
  • 光牙鳳凰レックウマル
    召喚時に【分身:2】を発揮するため緑デッキの苦手なカードアドバンテージを稼ぐ事ができる。
    アタック時の疲労効果は【強化】と相まって確実に2体を疲労させることができるので、分身スピリットともどもダメージを狙いに行きやすい。
  • 鳥獣烈神ガルード
    暴風:5】を持つ脅威のスピリット。
    ではあるが緑軽減のおかげで重くはなく、颶風高原との併用で脅威の5コアブーストが可能となる。
    デッキ破壊とのシナジーは特にないが、ライフで受ける事を躊躇させるには十分な破棄枚数と言える。
  • 酉の十二神皇ゲイル・フェニックス
    アタック時の《封印》と、コアがある限り何度でもアタックし続けられる【飛翔】を持つ爪鳥の新たなフィニッシャー。
    コノハガニン鳥獣魔神と合体することで無限アタックが可能となる。
    しかし、【飛翔】の効果の都合上、下級の爪鳥や緑の疲労マジックが一切意味を持たなくなってしまうという噛み合わせの悪さが目立つ。
    逆にそれらで突破できない耐性を持つカード、特に盾星鎧シールドタンクと合体した疲労ブロッカーやMOGERAII-SRF相手は下手に他色のカードを採用するよりは、このスピリットで強引に突破するのが手っ取り早い。
    軽減も多く出しやすいが、なるべくコアに余裕がある段階で召喚し、相手のブロッカーの数をものともしないほどの連続攻撃でゲームを終わらせたいところ。
  • ゲイル・フェニックス・ピーコック
    召喚時にコアブースト、アタック時に《封印》とバトル終了時の回復効果、Lv2には相手のバーストを制限する効果を持つ。
    封印》の使用できるコアが減るデメリットをコアブーストでカバーできるのが特徴。
    軽減も多く、チキンナイトの存在もあり召喚しやすい。
    単純に《封印》を行えるスピリットを増やすという目的だけでなく、単体で動けるエースとなるスピリット。
  • 大跳獣フレミッシュベース
    ライフ減少後の【バースト】で召喚できる大型の爪鳥
    召喚時に疲労状態のスピリットを3体デッキボトムへ送り、自分のアタックステップには爪鳥すべてに疑似的なシンボル追加を行う強力なサポーター。
  • 風魔上忍ケツアール
    ライフ減少後の【Sバースト】で召喚でき、召喚時に驚異の【分身:4】を発揮する忍風/爪鳥スピリット。
    基本的にはバースト召喚がメインとなるが、再序盤で決まればゲームを終わらせることも可能。
  • 極彩鳥ヴァルペルチャー(リバイバル)
    コスト8に対し軽減が2しかない【神速】スピリットだが、ライフが3以下になればコストが3にまで下がる
    爪鳥には貴重な素でダブルシンボルを持つスピリットのため、1枚入れておくと便利かもしれない。

ブレイヴ

  • シンボルなし
  • 鎧鷹スイラン・ホーク
    コスト1の【神速】持ちブレイヴ。忍風/爪鳥でもあるため各種サポートを受けられる。
    合体条件こそ厳しいものの、合体できれば支払ったコスト以上のパワーを発揮できる。
    封印》との相性は悪い。
  • オオヅツナナフシ
    召喚時に手札を全て捨てることで相手の手札の枚数分ドローできるブレイヴ。
    後述のテッポウナナフシと比べるとこちらはシンボルを持たない代わりに合体範囲が広く、回復効果を持つため防御の際も安心できる。
  • 砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル前)
    合体して【激突】を与えるブレイヴ。
    暴風】やスピリットをBP勝負で破壊した時に誘発する効果が多いため、その発動の補助になる。
    召喚時効果も貴重な除去手段である。
  • 星獣槍シリウス
    召喚時に相手スピリットを疲労させ、アタック時にリザーブへのコアブーストを行う。
    召喚条件が緩く、アルティメットを採用する場合でも合体が可能。
    また酉の十二神皇ゲイル・フェニックスの【飛翔】とのコンボで無限アタックが可能。
    飛翔】と召喚時の疲労効果の噛みあわせは悪く、コノハガニンと違いシンボルを持たないが、ダブルシンボルメタの影響を受けないことを考慮するとこちらのみの利点も多い。
  • テッポウナナフシ
    オオヅツナナフシ同様召喚時に手札を全て捨てることで相手の手札の枚数分ドローできるブレイヴ。
    こちらは合体範囲があちらより狭く合体時効果も無いが、シンボルがあるため単純にアタッカーの性能を高めることができる。
  • 黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ
    貫通効果とバーストを封じる効果を持つ剣刃ブレイヴ。
    神速】を持つため奇襲をかけられるほか、いざというときの防御用の壁としても使える優秀な1枚。
  • 風翼刀ドウジキリ
    召喚時効果発揮後の【Sバースト】で疲労効果を発動しつつ召喚できる剣刃スピリット。
    コスト4以上のスピリットに次々と付け替えてアタックすることでこのデッキの打点不足を解消できる。
  • 妖刀ムラサメ
    消滅/破壊後の【Sバースト】でコアシュートを行いつつ召喚できる剣刃ブレイヴ。
    合体後は相手のコアを動かしつつドローが可能になる。
    もっぱら【超装甲】の穴を突いた除去カードとして使われる。
  • 龍魔神
    疲労状態のスピリットの破壊効果とドロー効果を併せ持つ異魔神ブレイヴ。
    特に疲労効果を発揮するスピリットが多いこのデッキでは右合体時効果は非常に有用。
    左合体時効果のドロー効果もうま味があるが、の【強化】と併用すると弱体化する危険性があるため注意。
  • 忍魔神
    ネクサス破壊かドロー効果を選択できる左合体時効果が非常に優秀な異魔神ブレイヴ。
    特にこのデッキでは連続でアタックを行うスピリットが何体もいるため相性は抜群。
    右合体時効果の忍風スピリットの踏み倒し召喚は無理に狙わなくても良いが、使えるときに使う、程度に考えておけば良い。
  • 兜魔神
    バースト封じとドロー効果を持つ異魔神ブレイヴ。
    鳥獣魔神同様に先攻1ターン目から召喚できる軽さが売りであり、このデッキに足りないドローを補うことができる。
  • 兎魔神
    単純なバースト封じと、疲労状態の相手のスピリットをデッキボトムに送りつつ回復するという攻撃的な効果を持つ異魔神ブレイヴ。
    このデッキにはアタック時に疲労効果を発揮するスピリットが多いため、それらと合体させることで驚異的なアタッカーへと変貌させることが可能。
  • 超・風魔神
    普通に合体させただけではバースト封じしか与えられないが、神皇2体との左右合体を条件とする【ダブルドライブ】により、手札のカードの一切の使用も封じる。
    神皇を自然と多く採用しやすいこのデッキであれば条件を満たすのも比較的容易であり、回復して何度もアタックする神皇が多いため、決まればゲームを終わらせるほどの性能になる。
  • コノハガニン
    アタック時にの【連鎖】でコアブーストを行うのブレイヴ。
    飛翔】とのコンボで無限アタックが可能。
    星獣槍シリウスとは召喚時効果及びシンボルの有無で差別化する形となる。
    単純な打点はこちらが勝るが、あちらの方が合体条件がゆるいことと、ダブルシンボルメタへの存在には注意。

ネクサス

  • ネクサス
  • 湖に咲く薔薇
    コスト4以上の緑スピリットの召喚に反応してコアブーストするネクサス。1ターン目に配置できればほぼ永続的にコアを供給できる。
  • 白雲に茂る天翼樹
    配置時にコアブーストを行うネクサス。
    爪鳥スピリットがいれば1度に2コアブーストするため序盤のコアブーストには最適。

マジック

  • ミストラルフィニッシュ
    消滅/破壊後の【Sバースト】でデッキからのブレイヴと神皇/十冠を一気に展開できるマジック。
    フラッシュ効果も疲労状態のスピリット/アルティメットを手札に戻しつつ自分のスピリットを回復させる強力なものなので、【Sバースト】に関係無く投入したい。
  • ゲイルロードフィニッシュ
    コストは重いが、スピリット/アルティメットを問わず2体疲労させられるマジック。
    《封印時》にはさらに疲労状態のスピリット/アルティメット全てを手札に戻すという豪快な除去カードになる。

デッキの動かし方

序盤はスピリットやネクサスでのコアブーストに重点を置き、疲労効果を持つマジックやスピリットのコストを溜める。
スピリットやマジックの効果や相手のブロッカーを疲労させて、ライフを狙う。
返しのターンについてはエンドステップに回復する効果を用いてブロッカーを維持するか、疲労マジックでアタッカーを減らすことになる。
神皇軸ならば超・風魔神の【ダブルドライブ】で大抵の局面は勝負を決められる。

弱点

疲労効果によってブロッカーを減らしているので基本的に【装甲】の類や疲労ブロッカーを苦手とする。
疲労ブロッカーに関しては耐性が無ければ風魔シノビリカ兎魔神で対処し、【装甲】/【超装甲】相手には妖刀ムラサメの【Sバースト】で除去を行う。
除去やドローも少ないのでアドバンテージの差を埋める事も苦手である。
コアは豊富にあるので、他色のカードや緑の他の系統のスピリットを用いる事で上手くカバーしていきたい。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集
【遊精】




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-21 (月) 18:24:49
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索