【海賊】

概要

煌臨編 第2章:蒼キ海賊で本格的なサポートが登場した、「海賊」を中心としたデッキ。
一般的には、ストロングドローなどでキーパーツを集めネクサスを展開、海賊龍皇ジークフリード・アビスで一撃でライフを削り切るコンボデッキを指す。

青のコンボデッキに共通することだが、一回のドローマジックのドロー枚数が多く、キーパーツの回収速度が速い。
このデッキに関しては早ければ先行2~3ターン目で勝負を決めに行ける。

そのためショップバトルやバトスピ エクストリームゲームでも使用するプレイヤーは多い。

デッキの変遷

煌臨編期

海賊龍皇ジークフリード・アビスら、「海賊」スピリットが複数登場により、【海賊】デッキが誕生。

龍皇海賊団 船長ホワイトジャックでネクサスを展開、強襲してそのまま海賊龍皇ジークフリード・アビスに煌臨、回復状態から2度のアタックを決めるのが基本的な勝ち筋。

その後も煌臨編全期にわたってサポートが継続的に出続けており、後期には海賊連合総長 フォージ・ロウ海賊銛銃ゼーロイ・シューターで相手を妨害する戦法を取り入れている。

他に「海賊」を含んだデッキを参考にする場合は、【異合】【剣獣】【青緑】を参考のこと。

アルティメットバトル期

アルティメットバトル期にも【招雷】を軸に戦う「海賊」スピリットは登場していたが、こちらのデッキタイプとは全く異なる。
→参考:【招雷】

構築

海賊」を中心に、の汎用カードが脇を固める。
ネクサスを参照する効果を多用するため、他のデッキに比べネクサスの割合が多くなるのが特徴。

スピリット

  • 龍皇海賊団 狙撃手ブルージョー
    アタック時に手札交換を行いつつ破棄したコスト以下のスピリット/アルティメットを破壊できるスピリット。
    継続的に手札交換を行えるが、コスト破壊はその場の状況次第になるためあまり安定しない。
  • 二丁拳銃の海賊ディー・ジョーンズ
    召喚時に手札交換とコスト破壊を行えるスピリット。
    シンプルながら最大で相手のスピリット2体を除去できるため、除去に乏しいこのデッキでは重宝する。
  • 海賊連合総長 フォージ・ロウ
    海賊」すべてをアタック時に《煌臨》させられるようにするスピリット。1ターン内で何度も《煌臨》できるようになる。
    アタック時にはブレイヴ/ネクサスをノーコストで召喚/配置できるため、ブレイヴを絡めた構築も容易になる。
  • 高コスト
  • 海賊王レヴィアダン(リバイバル)
    ライフ減少後の【バースト】で召喚でき、効果を持つスピリットでのライフへのダメージを抑えるスピリット。このデッキにおける貴重な防御手段。
    アタック時には手札の「海賊」を召喚しつつ回復するため、手札に「海賊」がある限りアタックを継続できる。

ブレイヴ

  • シンボルなし

ネクサス

  • ネクサス
  • デジタマ
    コスト1でデッキに何枚でも投入できる全色のネクサス。
    シンボルの色こそだが、【大煌海】発揮のための下準備のために投入しても良い。
  • 夏はみんなで海水浴
    青のスピリットすべてのLv2の維持コストを抑えるコスト2の青ネクサス。
    期間限定で破壊耐性を与える効果を持つため夏場に本領を発揮する。
  • 宝の地図
    海賊」がアタックしたときにデッキからネクサスを補充できるが、発揮の代償として自壊してしまう。
    Lv2になると破壊時にコアブーストできるが、なるべくネクサスを維持したいこのデッキとあまり相性は良いとは言いづらい。
  • 青玉の巨大迷宮
    小型スピリットのアタックを牽制できるネクサス。
    苦手なウィニーデッキ対策として。
  • オリンスピア競技場
    効果によるスピリットの召喚を封じつつ、アタックも制限できる優秀なネクサス。
  • 海帝国の秘宝
    手札保護を行えるダブルシンボルのネクサス。
    手札交換を頻繁に行うこのデッキでは手札保護はほぼ必須となる。
  • 海底に眠りし古代都市
    異合スピリットが召喚されるたびにコアブーストできる制限カード。
    海賊」スピリットはほとんどが異合なので、スピリットを多く採用するタイプのデッキであればコア不足の解消に一役買ってくれる。
  • 海魔巣食う海域
    相手の//の【バースト】を封じる青と赤のダブルシンボルネクサス。
    ネクサスで【バースト】対策を行う場合はこのカードを採用すると良い。

マジック

  • バスタースピア(リバイバル)
    素直に安定してネクサスを破壊するためのマジック。破壊できれば2枚ドローできる。
    使い方としては非効率な面もあるが、配置時効果を持つ自分のネクサスを破壊して龍皇海賊団 船長ホワイトジャックで再配置する、という扱い方もできる。

デッキの動かし方

序盤はひたすらストロングドローなどの手札交換効果で手札に龍皇海賊団 船長ホワイトジャック海賊龍皇ジークフリード・アビスを揃えつつ、トラッシュにネクサスを落としていく。

ゲームが中盤に差し掛かる頃には龍皇海賊団 船長ホワイトジャックからネクサスを大量展開し、海賊龍皇ジークフリード・アビスで相手のライフを一撃で削り切りたいところ。

弱点

青としては珍しくトラッシュ利用や召喚時/配置時効果を多用するため、同じく青のメタカードの代表格である軍港都市オステア巨顔石の森などを配置されると動きが止まってしまう。
また、最終的には海賊龍皇ジークフリード・アビスでの一撃がフィニッシュ手段となるワンパターンなデッキでもあるため、ガルガンドの城門定規山脈などの多シンボルメタカードを配置されるとアタックが通らずジリ貧となる。

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-16 (金) 21:52:27
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索