【毒刃】

●目次

概要

アルティメットバトル04から登場した、紫のキーワード能力である【毒刃】を使用したコントロールデッキ。
毒刃】を持つスピリットは魔影なため【魔影】の要素も併せ持つ。

相手のスピリット/アルティメットの下に溜めたカードが増えるほど効果が強くなる性質を持ち、【毒刃】という名前の通りこの下に置いたカードを毒に見立てた効果となっている。
そのためカードを下に置くことを「毒を撒く」「毒を溜める」などと呼ぶこともある。

このデッキの勝ち筋は基本的には下のカードを参照するロックで相手を封じ込めつつライフを削りに行き、難しいようならば【毒刃】で削ったデッキに青のデッキ破壊要員でとどめを刺す形となる。

構築

毒刃】を持つスピリット/アルティメット以外にスピリット/アルティメットの下にあるカードを利用する効果のカードを採用する必要がある。

また、【毒刃】はバトルを通じて発揮されるため、高BPのブロッカーなどに対してもアタックを行いに行かなければならない局面が多い。
そのためのバトル補助、または破壊されてもアドバンテージを失わないようにするカードを採用する。

専用のサポートカードの収録は途切れているものの、近年は相手のデッキを破棄する紫のカードや「ベリアル」のサポートカードの登場で間接的な強化が行われている。

スピリット

  • 低コスト
  • リビング・ガーゴイル
    コスト0スピリットながら毒刃スピリットがいる時には効果耐性を持つ。
    場持ちの良いシンボル供給役として以外にもおまけ程度だが合体を封じる効果も併せ持つ。
  • 中コスト
    • 鎧闘鬼ラショウ
      自分のトラッシュを肥やしつつドローができるスピリット。
      魔影サポートを受けることはできないが、このデッキに足りないネクサス対策を行ってくれる。
  • 堕天姫エルシャ
    バースト】により高コスト帯の【毒刃】スピリットを召喚できる。
    Lv2・3効果が強力なため手札からそのまま召喚しても良い。
  • 闇輝石六将 機械獣神フェンリグ
    汎用性の高い【Sバースト】で相手の手札補充を封じる優秀なスピリット。
    このデッキではスピリット下のカードを指定することで、事実上カードを一切残さない除去が可能。
  • 高コスト
  • 堕天騎士オルクス
    発動しやすい【バースト】を持ち、幅広く毒をまくことが可能なスピリット。
    フィールドではただの【毒刃:1】しか持たないため採用するなら【Uハンド】などとの併用が必須となる。
  • 闇騎神ネメシス
    ダブルシンボルでライフダメージ効果を持つ大型フィニッシャー。
    ライフ以外の直接的なアドバンテージを稼ぎにくいカードであるため召喚タイミングには注意が必要。
  • 堕天騎士ベリアルド
    毒刃:3】という最大級の効果とカードが下に置かれたカードの消滅、破壊を牽制する効果を持つ。
    場にいるだけで有効な場面も多いため堕天姫エルシャなどの効果で優先して召喚したい。
  • 辰の十二神皇ウロヴォリアス
    封印》及び【呪縛】により、相手が防ぎづらいタイミングでのコアシュートによる除去を行える。
    堕天騎士ベリアルドとの併用で相手メインステップ前にライフを削り取れる。
    毒刃】はソウルコアを使用するカードが存在せず、《封印》での悪影響は受けづらいが、使用できるコアが減ってしまうためコアブーストは念入りに行っておきたい。
  • 呪の覇王カオティック・セイメイ
    『相手による自分のスピリット破壊後』を条件とする【バースト】を持ち、除去とドローを兼ね備える。
    毒刃】発揮のためにバトルを行い、そのまま破壊されることの多いこのデッキでは発動機会も多い。
    発揮後に手札に戻るため【Uハンド】とも相性が良い。

アルティメット

  • 堕天騎神サターン
    低コストアタッカーでありながら同コストのアルティメットと比較しても高いBPを持つ。
    毒刃】と下のカード利用を同時にこなせる単体で完結したデザインとなっている。
    超装甲】以外の耐性をすり抜けてカードを置けるため白への対策カードとしての優先度は高い。
  • 龍魔侯オーバーヴェルム
    各種デッキ破棄メタも通用しない専用効果【OUトリガー】によるデッキ破壊要員。
    召喚条件が厳しく、軽減もそこまで多くないため、【毒刃】などである程度削った上でのとどめの一撃として運用すると良い。

ブレイヴ

  • シンボルなし
  • 星獣槍シリウス
    アタックするたびにコアを稼げるブレイヴ。
    紫はコアブーストが苦手な色である点とこのデッキはアタックをする必要が多い点が噛み合っている。
  • プリン魔神
    紫の軽減シンボルを持つ低コスト用異魔神
    【右合体時】で手札やトラッシュからコスト3以下のスピリットを踏み倒せる。
    毒刃】発揮のためにバトルして返り討ちにあった堕天騎士タムズなどを召喚するのがベスト。
  • 龍魔神
    異魔神ブレイヴ。
    貴重なコアブーストを行いつつ打点を稼げる。

ネクサス・マジック

  • ネクサス
  • 魂の古都ジュデッカ
    効果は2つとも毒刃をサポートするもので非常に優秀。
    しかしフィールドに2枚以上は必要ないネクサスであるため採用枚数には気をつけたい。
  • 串刺しの森
    毒刃が発揮した時にドローが行えるネクサス。
    こちらも優秀なサポートではあるがやはりフィールドに2枚以上は必要ないカードとなっている。
  • マジック
  • ネクロリバース
    コスト3以下のスピリットを相手アタックステップ中に再召喚できる。
    召喚したスピリットを壁兼【毒刃】発揮に利用するのが基本。
    召喚時効果または破壊時効果を持つスピリットを召喚すればなお良い。

デッキの動かし方

毒刃】はバトルを行わなければ発揮できないため序盤から積極的にアタックを行い相手にカードを置いていく。
相手のターンは【バースト】を持つスピリット/アルティメットによって凌ぐ。
相手フィールドにカードを溜めたら堕天騎士ベリアルド闇騎神ネメシスのダメージ効果などによりライフを削りきる。

弱点

相手スピリット/アルティメットにカードを置けなければ効果が発揮できないカードが大半を占める。
そのため【装甲】系キーワード能力や「スピリットの効果を受けない」等の耐性を持ったスピリット/アルティメットには苦戦を強いられる。
他にもスピリットやアルティメットをあまり展開しない【ロロデッキ破壊】【ネクサスコントロール】のようなデッキにも行動を制限されてしまう。

参考レシピ

デッキの派生系

毒刃】デッキアウト

毒刃を相手のデッキを削る効果と捉え、デッキアウトによる勝利を主眼に置いたデッキ。
通常の【毒刃】に加え鉄の覇王サイゴード・ゴレムレチクル・アームズなどのデッキ破壊カードが採用される。

毒刃】速攻

毒刃】を持つスピリットの中でも、軽減が多く維持コストが優秀なスピリットを選抜した速攻型ビートダウン。
堕天騎士ベリアルドなどの大型は採用せず、【バースト】を利用しながら積極的に小型スピリットで攻撃してライフを削っていく。

関連リンク

デッキ集
【魔影】




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-08 (月) 05:14:08
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索