【死竜】

概要

バトスピスタートデッキ【異魔神襲来】から登場した系統:「死竜」を持つスピリットを軸に構築するデッキ。
死竜のスピリットは系統に妖蛇を持ち併せているものも多く、それらのサポートカードも投入することができる。

構築

死竜を中心に、異魔神ブレイヴを合体できる構築を行う。
異魔神ブレイヴは合体条件がコスト4以上のものが多いので、コスト4以上のスピリットを中心に構築する。
スピリットは基本的には紫だが、異魔神ブレイヴの軽減の色に合わせて他色のスピリットを投入するのもあり。

中コスト程度のスピリットを主力としたビートダウンと辰の十二神皇ウロヴォリアスを採用したコントロールで構築やデッキの回し方が大きく変わるため、あらかじめ方向性を決めておきたい。

スピリット

  • 低コスト
  • ウロドラ
    死竜スピリットが召喚されるたびにコアシュートを行うという、小型とは思えないほどの高スペックな死竜
    最大軽減でコスト0なので、軽減要員としても働く。
  • 蛇僧侶ハリム
    紫お馴染みのコスト3のドロースピリット。
    死竜ではないが、相手による消滅/破壊時の疲労効果が強力なので投入する価値あり。
  • ダークネスワイバーン
    召喚時にドローか、ソウルコアを支払えば疲労状態のスピリットを破壊できる死竜
    合体時の無色化効果は【装甲】の類に弱いこのデッキの突破口になりうる。
  • 鎧闘鬼ラショウ
    召喚時にトラッシュを肥やしつつドローを行えるスピリット。制限1カード。
    ネクサス対策も行えるため1体で多くの仕事をこなす。
  • 混沌の魔術師アマルディ
    召喚時にトラッシュを肥やしつつ、のスピリットカードかブレイヴを回収できる死竜
    系統を無視した場合、上記の鎧闘鬼ラショウの存在により影が薄かったが、あちらが2016年11月から制限1カードとなるためその役目がこちらに回ってくることとなる。
  • メタルボーンドラゴン
    紫対策にコアを多めに置いているスピリットに対し、指定アタックを行える死竜
    コアシュート対策効果を持っているスピリットの除去が主な役目となる。
  • 死神壬龍ジェット・ザ・リッパー
    コアシュートではなくコアの数を参照とした破壊効果を発揮するため、コアシュートが効かないカニコングやスピリットの状態の異魔神を除去できる死竜
    最大の特徴は《封印時》のライフへの直接ダメージであり、タイミングを問わないためウロドラなどと組み合わせることでアタックステップに入らずともライフを削り勝利することができる。
  • 十字騎竜クルセイダス
    召喚時にデッキから神皇とブレイヴを1枚ずつ手札に加える死竜
    残ったカードは破棄されるためトラッシュ利用に繋げやすいのもポイント。
    合体時効果も相手スピリットの除去とライフを直接狙える強力なものなので、ぜひとも狙っていきたい。
  • 騎死龍グレイザス
    アタック時に自分のスピリットの『相手によるこのスピリットの消滅/破壊時』効果を能動的に発揮させる優秀なスピリット。
    合体時効果のハンデスも強力。
  • 戊の四騎龍ホワイトライダー
    召喚時のコアシュートはアルティメットも射程に入れており非常に使いやすい死竜
    Lv2からの効果が最大の特徴であり、死竜を召喚する際に相手のリザーブのコアを使用するという掟破りな効果を発揮する。
    コアブースト手段の少ないこのデッキの欠点を補いつつ相手の使用可能なコアを減らせるため、辰の十二神皇ウロヴォリアスなどの大型の死竜も早期に召喚することで可能。
  • 水晶龍アメジスト・ドラゴン
    召喚時に手札/トラッシュから異魔神ブレイヴを踏み倒し召喚しつつ、さらに2枚ドローまで行う。
    合体時効果のライフ貫通効果も合わせれば1体でライフを半分以上削ることも可能。
  • 六冥魔導ディエス・レイス
    死竜でも妖蛇でもないが、合体スピリットのアタックを強力にサポートする1枚。
    相手がコア除去対策や【装甲】などで耐性を付けていても逆手にとってマジックを使えなくさせる。
    合体時効果は3コアシュートだが、異魔神と合体しているときには6コアをトラッシュに送るという離れ業を見せる。
  • 六冥魔導シャミーラム
    死竜でも妖蛇でもないが、合体スピリットのアタックを強力にサポートする1枚。
    相手がコア除去対策や【装甲】などで耐性を付けていても逆手にとってブロックされなくなる。
    破壊されても手札に還り、ランダムに手札を破棄させる為かなり嫌らしい動きをする。
  • 高コスト
    • 辰の十二神皇ウロヴォリアス
      召喚時に《封印》を行い、《封印時》には【呪縛】を発揮し相手の動きをコントロールすることができる。
      死神壬龍ジェット・ザ・リッパーの《封印時》効果と組み合わせると、アタックせずとも相手のライフを削ることもできる。
      さらに自分のターンには神皇/十冠の破壊時には相手のライフのコアをボイドに送るという効果まで発揮するため、このカードを軸にする場合は十冠を持つ死竜をできるだけ多く投入したい。
  • 魔竜デスラー
    ライフ減少後の【バースト】で簡単に召喚できる死竜
    召喚時に2枚ドローを行いアドバンテージを稼ぎつつ、異魔神ブレイヴの合体先として働いてくれる。
  • 冥龍ゾン・サーグ
    相手による消滅/破壊時に相手のコアをボイドに送りつつコアブーストを行い回復するという、欲張りな効果を詰め込んだ死竜
    合体時効果も相手が選択するとはいえ、スピリット/アルティメット1体を確殺できる。
  • 暗黒龍騎ダークス
    召喚時に手札を破棄し、そのコスト分だけコアシュートを行う豪快な死竜
    捨てる手札によっては相手の場を壊滅させることができる。
    そのまま召喚するにはコストが重いため、聖龍騎パラディウムの効果でトラッシュから召喚するのが一番スムーズ。
  • 丙の紫煙巨人
    消滅/破壊後の【バースト】で相手の疲労状態のスピリット/アルティメット及び合体しているブレイヴも破壊できる。死竜ではないが十冠を持つ。
    セットしたこのカードが破棄されてもバーストが発動されるため、様々なデッキで猛威を振るう炎魔神に対し、どちらの合体時効果を使われても確実に発揮して返り討ちにできる。
  • 戦鬼ムルシエラ
    アクセル】によりコアが3個以下のスピリット/アルティメットを一掃する凶悪な1枚。
    手元から召喚する際もトラッシュを肥やし、ダブルシンボルなのでアタッカーとしても活躍する。
    欠点として死竜ではないが、除去用マジック感覚で投入しても十分機能する。
  • 死龍大帝バスカール
    召喚時に相手が選ぶとはいえ、最大4コアをトラッシュに送り込む大型の死竜
    Lv2効果は相手のコア除去対策を逆手にとってアタックできる。
  • 奇機械怪獣デアボリック
    の2色を持つ紫のダブルシンボル死竜
    相手のアタックに反応して回復する無限ブロッカーであり、アタック時にはバウンスとコアシュートを発揮できる攻防一体のスペックを持つスピリット。
    戊の四騎龍ブラックライダーから展開できればベストだが、手札に来てしまった場合に腐りやすい。
  • 暁の煌爵アカエリオウ
    コスト5以上のスピリットに《煌臨》できる緑のスピリット。
    煌臨時に自身を回復させつつ相手のスピリットを疲労させるため、コアシュートや破壊に耐性を持つ相手を無力化できる。
  • 秩序軍神グレイス・オーダー
    コスト5以上の紫/白のスピリットに《煌臨》できるのダブルシンボルスピリット。
    煌臨/アタック時にデッキから死竜をノーコスト展開でき、BPは低いものの疲労ブロッカーとして防御面を支えることができる。
  • 秩序龍機νジークフリード
    コスト6以上のスピリットから《煌臨》できるのスピリット。
    専用効果の【煌転装】でデッキから狙ったブレイヴをある程度絞って召喚できるうえ、Lvを上げれば完全効果耐性に回復効果と、フィニッシャーに必要なものを全て持っている。
    このデッキであれば紫魔神を狙って合体させることができれば、2度のアタックで相手のライフを削り切れるうえ、途中のデッキ破壊によりトラッシュに死竜を送り込むことで戊の四騎龍ブラックライダーの【アクセル】などを存分に活かすことができる。
  • 戦国将軍ジークフリード・魁
    コスト5以上のスピリットに《煌臨》できるのダブルシンボルスピリット。
    召喚/煌臨時に相手のフィールドを壊滅状態にしつつ、状況によっては自身をアンブロッカブルにしつつ増やしたシンボルで一気に殴りぬいて勝負を決めることができる。
    装甲】などの効果耐性の類を恐れないで済むため、手軽なフィニッシャーとして採用しやすい。

ブレイヴ

  • シンボルなし
  • シンボルあり
    • 龍魔神
      右合体時は疲労状態のスピリットの破壊とコアブースト、左合体時は疲労効果とドローを行う異魔神
      合体条件も緩く、どんなスピリットに合体させても立派なアタッカーに仕立て上げる、このデッキの異魔神側のキーカード。
  • 竜機魔神
    右合体時には手札破棄、左合体時にはコスト6以下のバウンスを行う異魔神
    コアシュートを遮るカニコングなどを一時的にフィールドから排除できるため非常に便利。
  • 聖魔神
    右合体時にはライフ参照の蘇生効果、左合体時にはライフ回復効果を発揮する異魔神
  • 炎魔神
    右合体時には自身のBP以下のスピリット/アルティメットを破壊する効果、左合体時にはバーストを破棄しBPを上昇させる効果を発揮する異魔神
    軽減に紫が無いためコストを支払って召喚するのは厳しいので、水晶龍アメジスト・ドラゴンでの踏み倒しが前提となるが、その分強力な効果で相手の場を荒らしてくれる。
  • 悪龍魔神
    コアシュートとドロー、もしくはコスト4以下のスピリットを踏み倒し召喚する異魔神ブレイヴ。
    左右ともに強力な効果だが、左右で合体条件が違う点には注意。
  • 紫魔神
    コストが高く合体条件も厳しいが、召喚時効果・合体時効果ともに強力でダブルシンボルで展開の補助や決定力も高い。
  • 超・炎魔神
    召喚時にバーストを破棄する異魔神
    こちらも軽減はほぼ取れないため、踏み倒しが前提となる。
    紫はバーストの処理が苦手であるため効力が高い。

ネクサス

  • ネクサス
  • 聖と魔の凱旋門
    異魔神が召喚されるたびに1ドローできる紫のネクサス。
    Lv2からは合体スピリットがアタックするたびにコアシュートを行うので、天魔王ゴッド・ゼクスのようにスピリットやマジックの効果を受けない相手も除去できるようになる。
  • No.16 リッチマウンテン
    死竜の消滅/破壊時にドローができるため、配置しておくだけでも相手にこちらの破壊を躊躇させることができる。
    《封印時》には手札と引き換えに神皇/十冠スピリットに効果破壊耐性を与えるため、耐性を持たない神皇/十冠スピリットの布陣をより強固なものにできる。
  • 紫水晶の古宮殿
    配置時にデッキから死竜異魔神を1枚手札に加える紫ネクサス。
    このデッキのキーカードを引っ張ってこれるため便利。
    Lv2効果も消滅/破壊時効果を使いまわせる強力な効果。

マジック

  • ポイズンブレス
    コアが1個のスピリットのアタックではライフが減らなくなるという、の防御マジック。
    真髄は《封印時》の全体コアシュート効果にあり、防御にも攻撃にも使用できる非常に強力なマジック。
    辰の十二神皇ウロヴォリアスの【呪縛】と組み合わせることが前提となる。
  • イマジンリターン
    トラッシュの異魔神ブレイヴをコストを支払って召喚する紫のマジック。
    異魔神は単体ではアタッカーにもブロッカーにもなれないため、使用前には合体元を準備しておく必要がある。
  • アカシックブレイク
    スピリット/アルティメット問わずコアシュートを行える紫マジック。
    1枚で複数体の除去も可能なほか、相手の手元のカードの除去もできる。。

デッキの種類

【辰の十二神皇ウロヴォリアス】

十二神皇編 第2章で登場した辰の十二神皇ウロヴォリアスを軸とした構築。
十冠を優先的に採用し、辰の十二神皇ウロヴォリアスの【呪縛】などの各種《封印》時効果を用いてコントロールとライフダメージを狙う。
死神壬龍ジェット・ザ・リッパーの《封印》時効果や戊の四騎龍ブルーライダーのLv2・3効果により、アタックせずに効果ダメージのみでの勝利も狙えるのが他の【死竜】にはない大きな個性である。

【死竜コントロール】

十二神皇編 第5章で登場した庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニックを軸とした構築。
2016年度後期に環境のトップメタとして猛威を振るい、【死竜】といえば現在は主にこちらを指すことが多い。
バトスピチャンピオンシップ2016-神皇杯-でも多くのプレイヤーに使用され、ジュニアクラス決勝では互いにこのデッキでのミラーマッチを繰り広げ、マスタークラスでも準優勝のプレイヤーが使用した。
庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニックの効果で手札を稼ぎつつ紫魔神砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル)などの異魔神ブレイヴを早期に召喚し、相手の場を除去しつつ多重シンボルによるビートダウンを行う。
庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニックの召喚時効果で超・炎魔神を踏み倒せば召喚時効果発揮後のバーストをそのまま処理できるため、それらの防御手段に対してある程度の耐性を持たせる事ができる。
また、ウロヴォリアス・リバース紫魔神を有するため、2回程度のアタックでゲームエンドまで持ち込めるため、環境におけるメジャーな防御カードである選ばれし探索者アレックスにも間接的に強い。

【紫骸】

闇輝石六将 紫骸龍神ダイムザークなどの【アクセル】およびそれに関連した効果を持つ紫骸を軸とした構築。
闇輝石六将 紫骸龍神ダイムザークの効果で軽減された【アクセル】を連発する形でボードコントロールとドローを行い、【闇奥義・天獄】の発揮を狙う。

デッキの動かし方

序盤はネクサスの配置や召喚時ドローなどでフィールドのシンボルと手札を整える。
『相手によるこのスピリットの消滅/破壊時』効果を持つスピリットで相手のアタックや除去効果を牽制するのも重要。

軽減用のシンボルが貯まれば、庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニックからブレイヴを展開しつつ相手のフィールドを除去し、一気に相手のライフを奪いたい。
理想としては適当なスピリットでライフを1つ奪った後、紫魔神などと合体したウロヴォリアス・リバースで残りのライフを削り切ること。

また、辰の十二神皇ウロヴォリアスを軸とする神皇/十冠デッキの場合にはソウルコアを《封印》用に使用するため、同じ死竜でも構築がまったく変わってくるが、序盤の動きは基本的に変わらない。

水晶龍アメジスト・ドラゴンおよび庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニックでトラッシュの異魔神ブレイヴを繰り返し再利用する場合、合体スピリットを消滅させて分離しなければ、スピリットとしての維持コストを持たない異魔神ブレイヴもトラッシュに送れることを覚えておこう。

弱点

このデッキは基本的に異魔神ブレイヴとの2体合体が主軸になるため、単純な双光気弾などのブレイヴ破壊マジックを使われるとアタッカーのシンボルが激減する。

また、消滅や破壊には強いもののバウンスへの耐性は一切ないため、【装甲】の類のことも含めという色はかなり苦手な部類になる。
装甲】/【超装甲】は砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル)や紫電の霊剣ライトニング・シオンの無色化効果などで対応できる。

軍港都市オステアなどの召喚時/配置時効果を封じるネクサスを配置された場合が一番対処に困る。
召喚時効果を使用せずに能動的にネクサスを破壊できる手段が限りなく少ないため、受動的ではあるがクリスタニードルの消滅/破壊時効果に頼るしかなくなってしまう。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-14 (火) 13:45:33
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索