【機獣】

●目次

解説

神煌臨編

創界神アルテミスと新たな機獣が中心となったデッキ。

創界神アルテミスが攻防に長けた能力を持ち、高い防御性能と、アンブロッカブルによる多シンボルの攻撃を主軸に据え、神煌臨編前半の環境の一角を占めた。

初期は未の十二神皇グロリアス・シープ秩序決戦兵器ラ=イリュジオンで繰り返し耐久するコンボが搭載され(下の煌臨編マスタークラスのデッキにも同様のコンボあり)、圧倒的な耐久力を得ていたが、意図しない遅延、時間切れが各地で多発したため、未の十二神皇グロリアス・シープが制限を受けることになった。

選ばれし探索者アレックスを必要としないデッキタイプだったため、2018年3on3で高い採用率を誇った。

参考レシピ:
2018 3on3優勝デッキ

十二神皇編~煌臨編

十二神皇編では1年を通し未の十二神皇グロリアス・シープ丑の十二神皇アバランシュ・バイソン獅機龍神ストライクヴルム・レオ(神皇)などを中心とした神皇/十冠を持つ機獣スピリットが多数登場し、新たな軸でデッキ構築を行うことが可能となった。

通称は【白神皇】。十二神皇編期とは大分編成こそ変わってはいるが、煌臨編チャンピオンシップ、マスタークラスの準優勝デッキタイプ。

参考レシピ:
2017煌臨編マスタークラス準優勝デッキ

それ以前

覇王編からサポートが多数投入されてできた系統:機獣中心のビートダウンデッキ。
序盤は守りに徹し、アタック強制効果とアタックシフト効果により攻撃に転じる動きを軸とする。
剣刃編に入ってからは【連鎖】を主力として多色構築することもできる様になった。

アルティメットバトル05にて、機獣サポートカードが大量に追加された。
更にコラボブースター【東宝怪獣大決戦】では専用サポートを持つ名称:「3式機龍」を含むスピリット名称:「メカゴジラ」を含むスピリットが追加された。

烈火伝シリーズでは1年を通し機巧スピリットの副次的な系統として恒常的に登場していたが、機獣自体を強化するカードはほとんど登場しなかった。

構築(神煌臨編)

構築(それ以前)

のカードの中でも特に後手に回る手段を取る効果が多く、主に相手にアタックさせる効果やブロック時効果でアドバンテージを稼いでいく。
高コストスピリットも選択肢が幅広く、どのスピリットをフィニッシャーに据えるかで構築も変化する。
また多くがスピリット軸でもサポートとしても投入が可能な機獣アルティメットだが、主軸とする場合はブレイヴの選択がスピリット軸とは大きく変わる。

未の十二神皇グロリアス・シープを主軸に据える場合は、生還者スノーラビーバトルシップ・モアなどのデッキ破棄メタスピリットは一緒に投入してはいけない点に注意する。

構築としては【白重】に近くなり、機獣以外の汎用性の高いスピリットの採用も考えられる。
白以外でも相性のいいカードは存在するが、白以外のカードがフィールドに存在すると召喚や効果に制限がかかる六絶神 鉄壁のクロム・リゼルファーリーディング・オリックスを採用しづらくなる。
無論、これらを採用せず混色での構築も可能。

スピリット

  • 低コスト
    • 六絶神 鉄壁のクロム・リゼルファー
      白唯一のコスト0スピリットにしてコスト不相応なほどの高BP、耐性を持つスピリット。
      機獣ではないが投入する価値は十分にある。
      ライフ1の際の耐性効果は直接ライフを狙われる弱点があるが、未の十二神皇グロリアス・シープと並べることでデッキが尽きない限り完全にダメージをシャットアウト可能。
      白以外のカードがフィールドに存在すると召喚が難しくなるため、デッキ全体をにしないと手札で腐る危険性がある点に注意。
  • メカオコ・ジョー
    バーストがある限り、破壊されない低コストスピリット。
    コアシュートやバウンスには無力だが、特に赤に対して強烈なメタ効果を持つ。
  • シールド・スクーロル
    ブロック時にBPがほぼ倍にまで上昇するうえに、相手にアタックを強制させる機獣
    序盤の相手のシンボル稼ぎ用のスピリットを潰すのに役立つ。
  • 機巧犬キシュードッグ
    赤/紫/青の【超装甲】を持ち、互いに2枚以上のドローを封じる強力な機獣
    このカードを採用する場合は自分は双翼乱舞などのドローマジックを入れることは自殺行為になるため構築の際は注意。
  • 生還者スノーラビー
    デッキ破棄を無効にしてくれる小型スピリット。序盤から場に出せて場持ちが良く、【Uトリガー】でトラッシュに落ちたキーカードを手札に戻すことができる。
  • リーディング・オリックス
    特殊条件下でのドロー強化効果を持つ。
    連鎖】型とは相性が悪く、単色構成を要求されるが、白に不足しているドロー能力を発揮できるのは魅力的。
  • ザン・トライ
    氷壁/】と、相手に手札増強を抑制させる。
    はドローしにくいのでハンドアドバンテージの差をつけられるのを抑えられる。
  • 中コスト
  • 己の整備士シールドポーラベア
    手札保護とバウンス耐性、さらに合体スピリットへのアタック封じなど、これ1枚で様々なカードを封じられる強力な機獣
    Lvを上げれば赤にもなれる。
  • ペガシオーネ
    バウンス効果を持ち、序盤からライフにアタックを通しやすい。
    連鎖:緑】でコアブーストを行えるため、積極的にアタックを仕掛けられる。
  • メカトリス
    超装甲:赤/紫/青】を持ち、非常に場持ちのいいスピリット。
    エンドステップに機獣全てを回復させる効果があるため、攻勢に転じやすくなる。
  • 丁機兵メインド・ウルフ
    機獣ではないが、機人/機獣すべてを疲労ブロッカーにするスピリット。
    このスピリットを立たせておくだけでもコアがどんどん増えるため非常に優秀。
  • バトルシップ・モア
    バースト破棄効果を持ち、軽減も大きいスピリット。
    耐性は無いに等しいが、バースト対策として有用。
  • 機巧犬アキタドッグ
    機獣がアタックするだけで相手は手札を捨てなければブロックできなくなる効果を与える。
    機獣の数を揃えてアタックするだけで相手の手札が減っていくため、ダメ押しに最適。
  • 煌角獣ギガンテックエルク
    コスト3以上のスピリットに《煌臨》できる機獣
    《煌臨》によって手札からいきなり出てくる疲労ブロッカーとして相手の計算を狂わせることができる。
  • 未の十二神皇グロリアス・シープ
    アタック時の《封印》と、それに付随する《封印時》効果でアンブロッカブル効果と相手のアタックステップ中に完全耐性を持つ神皇/機獣
    さらに自分のライフが減るときに代わりにデッキを破棄することでライフを守ることができるため、1体で攻めも守りも行える万能なスピリット。
  • 乙機獣ドリラスモス
    疲労ブロッカーだがコストに対してBPは高くない機獣
    しかし、Lv2から相手のスピリットを好きなだけ指定しアタックさせることができるため、うまくコントロールすれば小型スピリットを全滅させることもできる。
    《封印時》にはブロックでBP勝負に勝てばライフへダメージを与えられるため、相手の小型スピリットを積極的に狙い撃ちしたいところ。
  • 高コスト
  • 機獣要塞ナウマンガルド
    万能な大型ダブルシンボル。では貴重なドロー効果持ちである。
    破壊時にドローとコアブーストでリソースを補うほか、ステップ追加により恒常的にアドバンテージを得られる。
  • 白亜元帥レイ・ザウラー
    スピリットの効果を一切受け付けないので場持ちが良い大型の機獣
    相手スピリットのアタックを抑制し、他のアタック強制効果を持ったカードと組み合わせて相手をコントロールできる。
  • 対G特殊兵器3式機龍(暴走)
    ダブルシンボルを持ち、アタック時効果で自身のBP以下のスピリットを一掃できる。
    強制アタック/ブロックのデメリットがあるため使い捨てになりがちだが、攻めの起点としては優秀。
  • 紅炎の戦姫ブリュンヒルデ
    ライフ減少後の【バースト】で召喚でき、合体していないスピリット/アルティメットすべてを手札に戻す強力な機獣
    召喚後もアタック/ブロック時にターンに1度回復できるため、ブレイヴと組み合わせることでフィニッシャーになれるエース。
  • 己械合神マンモ・イージス
    召喚時に相手の手札の数を参照とした白にあるまじきコアブーストを行う機獣
    異魔神ブレイヴとの合体時には相手のスピリットを除去しながら回復して何度もアタックを敢行できるため、異魔神ブレイヴを多めに入れたデッキで採用したいところ。
    Lv3の【超重装甲:紫】は無色化などによってすり抜けられる恐れがあるため、過信は禁物。
  • メタルガルルモン
    コスト6以上の/のスピリットに《煌臨》できる紫と白の機獣
    破壊耐性を持ちつつ、アタック時に範囲の広いコアシュート効果とそれに付随する回復効果を発揮し、1体で相手のフィールドを一掃してしまえるほどの性能を持つ。

アルティメット

  • 次代機獣ブリザ・ライガ
    相手アタックに反応する【バースト】を持つ。
    ライフ3以下という制限はあるものの、スピリットをデッキトップに戻せるため、ドロー遅延させることができる。
    召喚条件は緩めだが、条件を満たせず召喚できなくとも【バースト】による除去だけでも仕事はする。
    BPも高く、最大であればアルティメット・サジット・アポロドラゴンを封殺可能。
    攻めにおいても、スピリットに対するアンブロッカブル能力+回復能力を持つ。
    アルティメット軸のデッキではもちろん、スピリット軸でも腐りづらいため、どのような型でも投入しておきたい。

ブレイヴ

  • シンボルあり
    • 獣爆マナティ・マローダ
      スピリットを無条件でバウンスし、更にブレイヴを残すこともできないオマケ付き。
      超装甲】を突破しやすく、コストや軽減、合体条件も手頃。
  • 機巧魔神
    の軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    超装甲:紫/黄】の付与と、白では貴重な能動的なドローとBP破壊効果を発揮できる。
    合体条件も緩いうえに加算BPも大きく、確実にアドバンテージを取れるため採用の余地はある。
  • 炎魔神
    の軽減と持つ異魔神ブレイヴ。
    バースト破棄効果と自身のBPを参照としたスピリット/アルティメットへの破壊効果を発揮できる。
    どちらの効果も非常に強力なので、適当なスピリットに合体させてアタックするだけでも相手にかなりのプレッシャーをかけることが可能。
    左右に合体させれば1枚で赤シンボル2個を確保できるため、双翼乱舞などの軽減にも役立つ。
  • 霊銀魔神
    の軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    2種類のブロックされない効果を持つため、状況に応じて合体先を変えることでライフへのダメージを通しやすい、非常に強力なブレイヴ。
  • 白魔神
    召喚時にネクサスを除去しつつ、ダブルシンボルを持つ異魔神
    重い合体条件もこのデッキであればほとんど気にならない。
  • 砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル)
    召喚時にネクサスと中型以下のスピリットを破壊する異魔神
    白軽減を持ち、コスト3のスピリットに合体できるシンボル付きのブレイヴとしても優秀。
  • 月光神剣ウィングオブルナ
    バトルシップ・モアと同じくアタック時にバースト破棄が可能になるブレイヴ
    バースト破棄とともに、合体しているアルティメットよりコストの低いスピリットをデッキの上に戻すことで、Uトリガーを確実にヒットさせられる。
    相手がバーストをセットしていない時でも、スピリットを無条件で手札に戻すことができる。
  • シンボルなし

ネクサス・マジック

  • 巨獣の森
    コアブーストとアタック強制効果を持つ。
    ブロック時効果の発揮につなげたり、バーストの発動条件を満たすことができる。
  • 要塞都市ナウマンシティー
    踏み倒し効果により序盤から大型スピリットで攻める起点になる。
    配置時効果を使わなくとも他の効果を持つので無駄にならない。
  • 共鳴する音叉の塔
    低コストスピリットの召喚時効果を潰しつつ、便乗ドローできるネクサス。
    このデッキは低コストスピリットがほとんど召喚時効果を使わないため、採用の余地あり。
  • 双光気弾天火烈刀斬
    ブレイヴとネクサス対策。
    小型が並ぶのでドローする効果も無駄にならない。
  • マジックロープ
    相手のアタックステップに介入しアタックを強制させるマジック。
    神皇/十冠がいればトラッシュから回収し再利用が可能。

デッキの動かし方

序盤はブロック時効果を持つ機獣を並べ、アタック強制などを利用して相手のフィールドを崩す、またはコアブーストを狙う。
バスター・フェンリルキャノンワイズ・モンキーは隙があればフィールドに出し、アタックに転じても良い。
ブロック時効果でライフを狙うか、相手のブロッカーを減らしてアタックでライフを減らす変則的なビートダウンで勝利する。
他にも、要塞都市ナウマンシティー迷子水晶等のネクサスの効果によって大型スピリットを踏み倒しても良い。

弱点

良くも悪くも相手のスピリットをコントロールしてアドバンテージを稼ぐため、相手がスピリットを多用するデッキでない場合の動きが緩慢になってしまう。
そのため、ネクサスやマジックだけでしのぐコンボデッキへの対処ができないことが多い。
バーストブレイク等相手の防御を削りながらアタックする手段も用意しておきたい。

デッキの派生系

【白重機獣】

要塞都市ナウマンシティードクトル・ファウストなど白スピリットを踏み倒す手段が豊富にある。
それらを積極的に使用することで、黒天狐ネガ・ナインテイル獅機鎧神ヴァルハランス・レオなどの高スピリットを偏重したデッキ。

機獣以外の高コストスピリットの運用も考えられる。【白重】を参照。

【白単機獣】

リーディング・オリックスの効果を使用するために白単色で組まれた【機獣】。
スピリットソウルを活かせるのでアルティメットも採用される。
また、【Uハンド】を持つ鋼極天ゴールデン・バッファロー重巡機ピーコックルーザーの組み合わせを採用しやすく、【白重】要素も取り入れたタイプも多い。

連鎖:紫】軸

剣刃編 第4弾:暗黒刃翼で追加されたスピリットを中心にした機獣無魔の混合デッキ。いわゆる【紫白連鎖】に近い型。
ボーン・ダイルによる軽減確保と黒皇機獣ダークネス・グリフォンによるドロー効果により今までの白に難しかったハンドアドバンテージの確保が行える。

「メカゴジラ」「3式機龍」】軸

コラボブースター【東宝怪獣大決戦】で追加された名称:「3式機龍」を含むスピリット名称:「メカゴジラ」を含むスピリット、そしてそれらをサポートする専用マジックを中心としたデッキ。
【超装甲】の耐性とアルティメットすら対象にするバウンスが可能で、攻守共に隙がないプレイが可能。
ドクトル・ファウスト重巡機ピーコックルーザーで対処できない消滅に対して対G兵器スーパーメカゴジラで迎え撃てるのも強み。
通常の白単で構築する以外にも、白紫に寄せてドローを強化した上で水銀海に浮かぶ工場島などを採用する、各種「ゴジラ」サポートを共有できる赤との混色にする、白に似た特性を持つ【シン・ゴジラ】に寄せるなど構築は様々。

【白神皇】

参考レシピ

関連リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 16:57:57
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索