【星竜】

●目次

解説

系統:星竜をメインにしたデッキ。
アニメ第2期、第3期、第5期の主人公が使う系統ということでサポートの数は屈指。
特に第2期では超神星龍ジークヴルム・ノヴァビッグバンエナジー、第5期では龍輝神シャイニング・ドラゴン・オーバーレイといった強力なフィニッシャーが登場。
またアルティメットバトル編では、複数の耐性を付与する小型星竜が登場し、デッキ全体を星竜でまとめることが可能となった。
それから2年以上を経た煌臨編でサポートカードが再登場し、《煌臨》を絡めた構築も得意とするように変化している。

攻めに特化したであることが災いし、相手ターンでは非常に脆く、継戦能力がない弱点があったが、煌臨編 第3章:革命ノ神器で召喚時効果対策や強力な耐性を持ったカードが多く登場したことにより、相手の妨害も可能になった。

コラボブースター【東宝怪獣大決戦】コラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】ではパッケージを飾るスピリットが大型の星竜ということもあり、作品間の垣根を超えて今なお構築の幅が広がっている。

構築

選択肢は幾つかあるので、下記のものから好みで選ぶことになる。
複数の型を併せて採用することも可能。
ここでは各型に共通してよく使われる星竜スピリットやそのサポートカードを列挙していく。

スピリット

  • スターリー・リューマン
    星竜全体にコア除去効果への耐性を与える。
    赤スピリットにしては珍しくブロッカーとして優秀であり【強化】を組み合わせることもできる。
  • ホワイトホール・ドラゴン
    赤のスピリット・アルティメットのバウンスをシャットアウトする。
    このスピリット1体で星竜は非常に除去しづらいものとなる。
  • 煌星竜コンドライトドラゴン
    ソウルコアが置かれている間は効果破壊及びコアシュートされず、スピリット/ブレイヴの召喚時効果とネクサスの配置時効果を抑制する強力な小型星竜
    序盤にこのスピリットを召喚できれば、相手のデッキにもよるが動きを大きく制限できる。
    ホワイトホール・ドラゴンを並べれば疑似的な完全耐性となる。
  • 中コスト
    • サンピラー・ドラゴン
      召喚時にトラッシュに落ちてしまった星竜を回収する。
      スピリットだけでなくブレイヴまで回収でき、他の回収効果持ちスピリットとの差別化ができる。
  • 破壊神スペースゴジラ
    召喚時にネクサスをサーチできる。
    相性の良いネクサスは結晶地帯を筆頭に多いが、成功率を上げるためにネクサスを入れすぎると防御力が低下する点に注意。
    スペースゴジラを主力とする専用デッキでの採用が主になるか。
  • 煌星第十使徒デズデモーナ
    のコスト3以上のスピリットに《煌臨》できる星竜星竜の小型には場持ちが良いものが多いため条件を満たすのは非常に簡単。
    煌星竜コンドライトドラゴン同様に召喚時効果及び配置時効果を抑制するが、その代償がライフのコア4つと重い代償を押し付けるため、あちら以上に抑制力は強い。
    さらに【煌臨中】であればあちらと同様破壊耐性とコアシュート耐性を持つため、除去される心配もほとんどない。
  • 煌星第七使徒ハイペリオン
    赤のコスト3以上という緩めの条件で《煌臨》出来るスピリット。
    相手の小型スピリットを一掃できる召喚/煌臨時効果に加え、ネクサスの破壊に付随する回復効果を持つ。
    詰めの段階でのブロッカーの排除、相手の速攻に対する迎撃手段、連続攻撃によるフィニッシャーと様々な役割を一枚でこなすことが出来る。
  • 高コスト
    破壊によってより多くのアドバンテージを得る効果の多い星竜を強力にサポートできる。
  • 十剣聖スターブレード・ドラゴン
    アタック時に相手の最もBPの高いスピリットを破壊する効果を持ち、BPパンプも相まって戦闘力が高い。
    合体時にはBP7000以下のスピリットの破壊とライフダメージ効果も発揮できるが、維持コアが重めで【強化】抜きでは範囲が狭いことに留意したい。
    コスト8なので戦国ジークヴルムで踏み倒せ、高いBPを【真・激突】で活かしやすい。
  • スペースゴジラ
    アタック時に中サイズのスピリット及びアルティメットを破壊し、さらにドローとBPパンプを行う。
    単体でも高性能だが、結晶地帯とのコンボで最大レベルの維持とドロー強化を行える。
    BPこそ圧倒的だがシングルシンボルなので太陽神龍ライジング・アポロドラゴンなどでサポートを行いたい。
    こちらもコスト8なので戦国ジークヴルムで踏み倒せる。BPの上昇率は最高コストのアルティメットすらも容易に超えられるため、【真・激突】との相性は抜群。
  • 煌星第二使徒スターゲイズ
    コスト5以上の星竜から《煌臨》できるダブルシンボルの星竜
    煌臨元の星竜を召喚しつつ自身を回復させるため、煌臨元が1枚のみでもライフを5つ狙うことが可能な星竜の新たなフィニッシャー。
  • 宇宙恐竜ゼットン
    アタック時に大型スピリットまで対象に入れたBP破壊を行い、BP破壊できなければ3枚ドローを行う大型星竜
    手札を捨てることでマジック/ネクサス以外の効果を一切受けないため、単体でも場持ちが良く安定して相手のフィールドを荒らしていける。

アルティメット

ブレイヴ

  • 獣装甲メガバイソン
    三色の【装甲】と赤軽減を持つブレイヴ。
    アルティメットやブレイヴから守ることはできないが、フラッシュタイミングでのマジックの除去に耐えられるだけでも役割は大きい。
  • 炎魔神超・炎魔神
    それぞれ赤でありながらバースト対策が可能。白軽減は星竜では比較的満たしやすいのも魅力。
  • 砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル版)
    リバイバル前に比べて破壊範囲が広がっており、後攻1ターン目に召喚することで相手が召喚・配置したスピリットやネクサスを破壊してテンポを奪える。
    激突】は失ったが合体条件が極めて緩い上にシンボルを持つため、アスケラ・ドラゴンなどをアタッカーとして運用できる。
  • シンボルなし
    • 砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル前)
      スピリット、ネクサスの破壊と【激突】を付与する定番ブレイヴ。
      防御面で強力なスピリットの多いコスト3星竜に攻撃面での役割を与えつつ各種除去から守りやすくなる。

ネクサス

  • オールトの竜巣
    星竜に赤の軽減シンボルを与える効果は、コア加速の苦手な赤にとっては重要である。
  • 焔竜の城塞都市
    相手スピリットを破壊する度にドロー出来るダブルシンボルのネクサス。
    少ないコストで軽減用のシンボルを確保しつつ、豊富な除去効果を活かして更なるアドバンテージの獲得を狙える。
  • 星の砂漠
    効果破壊した相手のスピリット/アルティメットの効果を一切発揮させることなく安全に処理できるようになるネクサス。
    Lv2になると星竜がアタックするたびにドローできる。
  • 秋は紅葉狩り
    Lv1効果は9月~11月までの期間限定だが、スピリットのBP破壊効果の上限を【強化】3体分上昇させられる。
    配置コストも軽く、スピリットの効果による除去が主力のこのデッキとの相性はかなり良い。

マジック

弱点

星竜を持つスピリットはコストの割に軽減シンボルが少なくレベル2以上の維持コストが高いものが多く、とにかくコアの不足に悩まされる。
ビッグバンエナジーという強力なサポートこそあるものの、これもある程度ライフが減った上で対象になるスピリットと同時に引いて初めて機能する為、常に事故の可能性が付きまとう。
このコアが足りないという弱点はそのまま相手ターンの防御の薄さにも繋がり、一度ペースを崩されてしまうと立て直すのも難しくなる。

相手スピリットを除去しながらの攻勢が基本となるデッキなので、効果耐性を持つスピリットを出されるとそれだけで動きを止められてしまう事もある。

派生型

メディアでの主役系統である事もあり、様々なフィニッシャーや構築型が存在する。

【ジークヴルム・ノヴァ型】

ビッグバンエナジー極龍帝ジーク・ソル・フリードを利用して、超神星龍ジークヴルム・ノヴァの高速召喚を狙う。
超神星龍ジークヴルム・ノヴァは召喚時にライフを回復する効果を持ち、アタック時効果も強力なので、窮地からの逆転も可能。
一時期はトップメタに君臨するほどの強さを秘めていた。

煌臨編にてようやく、様々な「ヴルム」サポートが登場し、構築がしやすくなった。

強さを求めるなら、コンボパーツを素早く揃えるためにドロー&サーチを強化する構成になるだろう。
青との混色になることもある。

参考:【ジークヴルム・ノヴァ】

【超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)型】

煌臨》を持つ超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)を主力とするデッキタイプ。
一月幼神ディアヌス・キッズによってメインステップ中に《煌臨》することで大量のコアを確保し、ハンデス効果で相手の反撃手段を摘み取ってトリプルシンボルでライフを一気に削る。
戦国将軍ジークフリード・魁との相性も抜群。
ブレイヴは【バースト】対策として超・炎魔神、除去として砲凰竜フェニック・キャノン(リバイバル)が主力となる。

参考:【ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】

【アポロドラゴン型】

名称:「アポロ」を含むスピリット/アルティメットを使用したデッキ。
登場当初は馬神ダンデッキ 太陽の合体ドラゴンを無改造で使うだけでも、それ以前のデッキに勝てるぐらいの強さを誇った。
系統:星竜だけでなく、「名称:ジーク」のサポートも受けることができる。

【ガイ・アスラ】

星座編環境までで唯一のLv4、かつ最高BPを誇る幻羅星龍ガイ・アスラを使用するデッキタイプ。
超覚醒】を持つスピリットはコストの高いスピリットが多く、ビッグバンエナジーが召喚サポートとして重要となる。

参考:【ガイ・アスラ】

強化型】

アニメ第5期のツルギ・タテワキの相棒、輝龍シャイニング・ドラゴンを使用する。
強化】を並べることでBP破壊効果が上がり、大型スピリットすらも焼き払うことができる。
更に、剣刃編第3弾【光輝剣武】で登場した光輝龍皇シャイニング・ドラゴン・アークにより、強化を持つスピリットはダブルシンボルになることが出来る。
ライト・ブレイドラミニーズ特攻隊などの小型強化のスピリットがダブルシンボルになることで、より攻撃的なスタイルでも構築が可能になった。

参考:【赤強化コントロール】【ミニーズ特攻隊】

【アレス・ドラグーン型】

火星神龍アレス・ドラグーンによる追加のアタックステップを利用するためのデッキ。
星竜には高コストに【激突】を持つスピリットを多く抱えている他、龍星皇メテオヴルム等の【激突】をサポートするスピリットも存在する。

参考:【激突】

創界神型】

創界神ネクサスと界渡/化神を中心にしたデッキ。

【アルティメット・ガイ・アスラ型】

召喚できればほぼ毎ターンダメージが保証される強力なアルティメット、アルティメット・ガイ・アスラを使用したデッキ。
アルティメットバトル02には相性の良いスピリットも多く、その強力な効果をアドバンテージを失わずに発揮する構築が可能。
これらのスピリットは全て星竜を持つため、サポートカードを共有できる。

【スペースゴジラ型】

ネクサス結晶地帯とのコンボでドローブーストを行えるスペースゴジラを主力としたデッキ。
ドローとアタック時BPに関しては他の追随を許さない分、スペースゴジラの召喚までとアタック後の隙をカバーする戦術が必要となる。
コスト8の大型スピリットのため彷徨う天空寺院戦国ジークヴルムを採用する他、名称:「ゴジラ」を含むスピリットをサポートするカードでまとめても良い。
手札がとにかく増えるため、マジックの他【神速】や【影武者】などのコンバットトリックを積んでおくと活かしやすいだろう。
グリードサンダーなどの手札が一定以上で効果を発揮するカードには注意が必要。

「ギドラ」型】

赤/白のダブルシンボル星竜であるサイボーグ怪獣メカキングギドラをキースピリットに、名称:「ギドラ」を含むスピリットを主軸に据えた型。
最軽量の「ギドラ」である宇宙超怪獣キングギドラやアルティメットも除去可能なカイザーギドラ、【強襲】を持つキングギドラ[1991]といった星竜から、相性の良い物を選択していく。
なおサイボーグ怪獣メカキングギドラのスピリットでもあるため【白重】に近い構築も考えられるが、そちらは当該項目を参照。

参考:【キングギドラ】

【「ゼットン」型】

名称:「ゼットン」を含むスピリットを中心にしたデッキタイプ。
一部はサポート対象が名称:「宇宙恐竜」を含むスピリットになり、範囲が異なる。
【地竜】の要素も併せ持つためそちらのサポートカードも組み込める。

参考:【ゼットン】

【「魔王獣」型】

名称:「魔王獣」を含むスピリットを中心にしたデッキタイプ。
専用ネクサスタワーに集まる邪悪でコントロールし、フィニッシャー超大魔王獣マガタノオロチでトラッシュの名称:「魔王獣」を含むスピリットを全て得て一気にアドバンテージを得る。
赤にしては珍しくドロー以上にトラッシュ肥やしが重要となるデッキ。
【古竜】【地竜】の派生デッキでもある。

参考:【魔王獣】

関連リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-28 (木) 11:04:55
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索