【妖戒】

概要

烈火伝 第1章で登場した系統:「妖戒」のスピリットを中心としたデッキ。

烈火伝 第1章で登場した際はビートダウン気味の構築になったが、烈火伝 第2章から登場した、「マジックとしても扱うスピリット」の登場により、独自の戦術を手に入れた。

構築

スピリットは全て黄色に属しており、防御マジックも充実していることからほぼ単色での構築となる。
低コストスピリットが多いため黄に多いコスト2サポートなども取り入れることができる。

数に任せて勝負を決めるビートダウン型と、コンボを前提としたマジック型では反りが合わないため、構築の際はどちらを中心にするのか決めておく必要がある。

スピリット

マジックとしても扱うスピリットに関してはマジックの欄に記載。

  • 低コスト
    • 一つ目ボーズ
      最軽量の妖戒
      座敷ガールの後に召喚して手札を充実させる、泥ターボの召喚コストの不足分を消滅させて補うなどが基本的な仕事となる。
      破壊時効果は主にブロッカー増強として役に立つ。
  • 座敷ガール
    このデッキのドローエンジンでありアドバンテージの中核。
    このスピリットを早い段階で召喚できるか否かがその後の展開に大きく影響する。
  • ジャックオーランタン
    召喚されるときに相手のスピリットの効果を無効化するため、百鬼夜行などで大量展開する際に紫煙獅子の邪魔を受けなくなる。
    さらにメインステップで疲労させることで相手のスピリットの効果をターン中無効にするため、ガーネットドラゴンなどの疲労ブロッカー対策にもなる便利な妖戒スピリット。
  • 中コスト
    • カシャネコ
      妖戒2体をトラッシュから回収する召喚時効果を持つ。
      しかし、同名カードは回収出来ないので注意しなければならない。
  • 妖戒王子キッドラキュラ
    破壊/消滅時にトラッシュから妖戒2体をノーコストで展開できる。
    更地にされた後のリカバリーが効きにくいこのデッキにおける優秀なリカバリー手段となりえるスピリット。
  • イヌガミ
    マジックを使うことによりドローを行うが、ソウルコアの取りあいになりやすいこのデッキでは優先度は下がる。
    マジックとして扱うスピリットを大量に入れる場合は入れておいても良いかもしれない。
  • 妖戒大将カシャネコ・イクサ
    主君/妖戒のスピリットをフェアヴァイレと同じフラッシュ効果のマジックとして扱えるスピリット。
    Lv2以降の効果は、バトル中に負ける事が分かっているスピリットからコアを取り、尚且つ手札からスピリットを召喚し、相手スピリット一体をアタック/ブロック出来なくするのはボードコントロールとしてとても優秀。
    また、マジックカードとして扱う効果はデッキ、トラッシュも対象のため、マジックカード回収効果でスピリットも回収できたり、戦国姫トリックスターのアタック時効果で主君/妖戒を加える事も出来る。
  • 妖戒獣ヌエ
    主君/家臣に、Lv1Lv2は【聖命】追加、Lv3は打点強化と効果が大きく違う。
    両方とも相手のライフを削った際に発揮する効果なので、泥ターボと非常に相性が良い。
  • 高コスト
    • 泥ターボ
      安定したアンブロッカブル効果を持つ、このデッキのフィニッシャーその1。
      耐性に影響されにくい、双銃機神ディルム・ダイナなどのアンブロッカブルメタも受けないため白相手にも立ち回りやすい。
  • 九尾フォックス
    のマジックを使用するだけで簡単に召喚できる高コストの妖戒
    ソウルコアを要求するとはいえアンブロッカブルになれるため、コンバットトリックから詰めの一手まで用途の幅は広い。

ブレイヴ

  • シンボルなし
    • ハイドランディア
      コスト2スピリットを大量召喚できるブレイヴ。
      合体範囲も広いが単体では役に立ちにくく序盤は腐りやすい。
  • シンボルあり
    • 朧ギッシャー
      妖戒破壊時にノーコスト召喚が可能なブレイヴ。
      合体先の確保が難しいこともありスピリット状態での運用が主となる。
  • 姫銃-雅-
    相手による自分のスピリットの破壊/消滅時に召喚&低~中コストスピリットを復活させるバーストを持ったブレイヴ。
    自分のスピリットの破壊時の数合わせという点で朧ギッシャーと役割が被るためよく考えてどちらにするか決めよう。

ネクサス

  • ネクサス
    • マヨイ家
      妖戒の召喚をサポートするネクサス。
      ノーコストで召喚出来るため、攻防の機転にもなる。
  • 星空の冠
    低コストスピリットが充実しているため召喚も狙いやすい。
    また、ドローエンジンとしても一役買ってくれる。

マジック

妖戒スピリットの中にはマジックカードとしても扱うものが存在するため、それらのカードは区別しやすいよう(スピリット)と表記する。

  • 豆腐ボーイ(スピリット)
    相手のスピリットのシンボルを0にするマジック。
    マジックとしての性能ならアブソリュートゼロの方が強いが、スピリットとしても扱える点を買うならこちらで。
  • ジェネラル瀬戸大将(スピリット)
    BP勝負をLvを比べるバトルに変更するマジック。
    妖戒はコア効率良くLvが上がるものが多いので、ビートダウン気味の構築ならば入れておいて損は無い。
  • 一反モメン(スピリット)
    バトルの際Lvを比べて相手以上ならブロックされなかったものとして扱うマジック。
    アルティメットにも対応しているため、Lv3のアルティメット相手ならバトルを避けて通ることができる。
  • のっぺらガール(スピリット)
    相手のスピリット/アルティメットの効果を一時的に無くすマジック。
    踏み倒し召喚を封じてくる紫煙獅子などの効果を消すことで、展開を行いやすくなる。
  • 百鬼夜行
    ソウルコアがトラッシュにあることを前提に、妖戒スピリットを手札/トラッシュから100体まで(実質好きなだけ)召喚できる必殺のマジック。
    相手ターンでの防御からとどめの数押しなど、攻防の面で活躍できる。

デッキの動かし方

座敷ガールでのドロー、カシャネコによる回収、そして妖戒を並べての泥ターボで一気に勝負を決めるビートダウン型と、マジックとしても扱うスピリットを中心として相手を攪乱するマジック型の2種類に分かれる。

しかしどちらのデッキでも座敷ガールカシャネコの効果での手札補充は重要となってくるため、これらのカードを駆使しなければならない。

百鬼夜行の登場により、どちらのタイプのデッキでも妖戒を大量展開し数押しできるようになった。

弱点

ドロー手段がコンボ寄りでコアブースト手段もないため【連鎖】系デッキと比較して初動が1テンポ遅れる。
破壊時効果は充実しているものの消滅、バウンスには無力で耐性を与えてくれる効果もない。
そのため相手に毎ターンフィールドを除去され続けると百鬼夜行以外での立て直しが難しくなる。

また、マジックとしても扱うスピリットを使用する場合は相手がスピリットへの耐性を持っていても防がれてしまうため、通常ののデッキ以上に効果が効かない相手が多い。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-24 (土) 17:11:04
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索