【古代戦艦】

 解説

名称:「古代戦艦」を含むネクサスを揃え、古代戦艦アルゴ・ゴレムを召喚し勝負をかけることを狙ったデッキ。
星座編 第四弾:星空の王者名称:「古代戦艦」を含むネクサスが全て揃ったため、このデッキが組めるようになった。

また、十二神皇編で星座編のカードがリバイバルされたことにより、古代戦艦アルゴ・ゴレム及び名称:「古代戦艦」を含むネクサスに新たなギミックを追加して構築することも可能となった。

 構築

古代戦艦4種3枚ずつで12枚、古代戦艦アルゴ・ゴレム3枚ですでにデッキの枠を15枚使い、さらに手札交換用マジックなどを入れていけばデッキ枚数に余裕はあまり無い。

スピリット

  • 低コスト
  • 鼬の暗殺者ウィゼーブ
    Lv2の破壊時効果でネクサスをノーコストで配置できるコスト0のスピリット。
    軽減要員としても優秀。
  • 五聖童子
    召喚時効果を持つスピリットすべてを無力化する闘神。制限1。
    序盤に召喚し相手の展開を遅らせ、こちらの展開の準備を行う時間を稼ぐ。
    古代戦艦アルゴ・ゴレムを召喚する際には消滅させる必要がある。
  • 中コスト
  • 巨人船長イアソン
    召喚時に自分のネクサスと引き換えに相手のネクサスを破壊する闘神
    ネクサスを破壊できない古代戦艦アルゴ・ゴレム(リバイバル版)との相性補完ができる。
    Lv2効果は闘神スピリットすべてに古代戦艦の数を参照としたデッキ破棄効果を与えるが、維持コストに対して見合っているとはいいがたいため、おまけ程度に考える。
    パワーインフレに着いていけていないが、船長役が欲しい場合に。
  • 調教師ライナ兄弟
    召喚時にネクサスすべてにコアブーストできるのスピリット。
    ネクサスをある程度展開していることが前提となるうえ、自身の召喚コストは軽減できないことを考えると投入しすぎは事故の元。
  • 青の起源龍パンゲア
    自分のネクサスすべてを相手のあらゆる効果から守ることができる。
    古代戦艦を展開し維持することが必須となるこのデッキにおいては重要な保護要員。
    さらに自身の効果でネクサスをスピリット化させることもできるため、古代戦艦アルゴ・ゴレムを召喚するまでの繋ぎとしての役割も持てる。
  • 龍皇海賊団 船長ホワイトジャック
    青のネクサスを手札/トラッシュから2枚までノーコスト配置、配置した数のドローを行う召喚時効果を持つ。
    更に【強襲:2】もあるため単独でアタッカーと展開要員を兼ねられる。
  • 高コスト
  • 鉄拳明王
    ライフ減少後の【Sバースト】で手札/トラッシュからネクサスを展開できる闘神
    強襲:3】も持ち合わせているため、適当なシンボル付きのブレイヴと合体させるだけでフィニッシャーになりえる。
  • 古代戦艦アルゴ・ゴレム(リバイバル版)
    このデッキのキーカード。
    召喚時に古代戦艦が4種配置されていれば、相手のスピリット/アルティメットを壊滅させることができる。
    さらに維持コストは重いが、Lv2になると古代戦艦を対象とした疑似的な【強襲】を発揮できるため、ダブルシンボルと高BPにまかせ一気に勝負を決めることが可能。
  • 古代戦艦アルゴ・ゴレム(リバイバル前)
    こちらは召喚時に相手のスピリット/ネクサスを全て破壊する。
    Lv2効果が大きく違っており、こちらは古代戦艦をスピリット化させる効果を持つ。
    とはいえ、自身の召喚コストや維持コア、そのうえに古代戦艦に置くコアを捻出するのは非常に厳しいため、特別なこだわりが無ければ上記のリバイバル版で問題無い。

ブレイヴ

  • シンボル無し
  • リボル・アームズ
    召喚時にネクサスにコアブーストできる。
    とにかくコアが足りなくなるこのデッキにおいては重要なコアブースト要員。
  • シンボルあり
  • 牙皇ケルベロード
    デッキを破棄することで回復できる強力な青のブレイヴ。制限1。
    古代戦艦アルゴ・ゴレム以外のスピリットをアタッカーに仕立て上げつつ自分のトラッシュを肥やしてネクサス展開の準備ができる。
  • 二頭魔神
    強襲:1】とネクサスを配置することでコアシュートが行える異魔神ブレイヴ。
    このデッキの除去手段としてコアシュートを取り入れられるうえ、ネクサスの再配置もできる優秀な1枚。
  • 青魔神
    ダブルシンボル異魔神ブレイヴ。
    このデッキの主力スピリットの打点を更に向上させる。
    召喚時効果の除去やアタック時効果の手札交換も強力。

ネクサス

  • 未完成の古代戦艦:竜骨(リバイバル版)
    神皇/十冠のスピリットを疲労ブロッカーに仕立て上げ、Lv2になればLvを上げることができる。
    Lv2の維持コアが5つ必要な古代戦艦アルゴ・ゴレム(リバイバル版)のコア節約が可能になるため、是非とも3枚投入したい。
    リバイバル前のものは徹底したバニラサポートなので、リバイバル版の使用を推奨。
  • 未完成の古代戦艦:船尾(リバイバル版)
    星座封印》によって《封印時》のギミックを投入できるが、肝心の光導/星魂スピリットが極端に少ないため無視してかまわない。
    青の起源龍パンゲアのLv3《封印時》効果は発揮できるが、必要かどうかは時と場合による。
    Lv2効果はお互いにステップを問わない召喚時効果封じを行うため、相手の展開を遅らせることが可能。
    古代戦艦アルゴ・ゴレムを召喚する際にはLvを下げることを忘れないようにしたい。
  • 未完成の古代戦艦:帆(リバイバル版)
    互いにコスト3以下のスピリット/アルティメットのアタックを封殺するため、このデッキが苦手とするウィニーデッキ対策となる。
    Lv2になれば相手の手札からの召喚も制限できる、優秀な遅延ネクサス。
    リバイバル前は効果を持たないスピリットを主力にするのでなければ、軽減シンボルが1つ多いことを含めてもリバイバル版より範囲が狭く使いづらい。
  • 未完成の古代戦艦:羅針盤(リバイバル前)
    相手のトラッシュからのカード回収を封じるダブルシンボルのネクサス。
    Lv2になると、他の古代戦艦を全てLv2として扱えるため、大幅なコア節約が可能。
    古代戦艦の中でも特に重要な1枚。
    リバイバル版は《封印》した時にコスト破壊を行うが、そもそも《封印》ギミックが満足に行えないこのデッキでは特に意味が無いため、リバイバル前のものを推奨。

マジック

  • オリオンパワー
    星魂/闘神にデッキ破棄効果を与えるマジック。
    このデッキには闘神が多く採用されるため、デッキ破棄での勝利という新たな勝ち筋を作ることができる。

デッキの動かし方

基本的にはストロングドローなどの手札交換マジックを多用し、手札/トラッシュに古代戦艦を送りこみ、それらを他のカードで展開しつつ、古代戦艦アルゴ・ゴレムの召喚時効果で相手を一掃し攻め込むデッキとなる。
準備に時間がかかるうえ、構築内容もある程度固定されてしまうためリターンもそれほど大きいものでは無いが、ロマンあふれるデッキとなっている。

リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-14 (月) 10:56:20
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索