創界神(グランウォーカー)ワンショット】

●目次

概要

ブレイドラ(リバイバル)と龍皇海賊団 見張りのネコジャジャを召喚し、創界神ネクサスを複数枚配置することで、デッキをすべて引き切るまでドローする。
その後、龍星の射手リュキオース馬神 弾ツルギ・タテワキで相手のフィールドを一掃し、一月幼神ディアヌス・キッズの効果でメインステップ中に超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)を《煌臨》してトラッシュのコアを回収する。
最後に断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソードと合体した超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)でアタックして相手に手札と手元をすべて破棄させ、馬神 トッパ馬神 弾の効果を合わせて一度に相手のライフを削りきる。
万一そのターンで決めきれずとも、追加ターンで勝負を決められる。

おおよそ3ターン目前後で勝負が決まる。
上記はやり方の一つに過ぎず、調教師ライナ兄弟を絡めれば、潤沢なコアのおかげでフィニッシャーの自由度が高いことが特徴。

主にの混色デッキになる。

神煌臨編 第2章:蘇る究極神以降、低コストの創界神ネクサスが多数登場したことと、神煌臨編時点で、創界神ネクサスを除去するのが難しいことで構築できるようになった。

龍星の射手リュキオースの【超祈願】の効果によって、1ゲームで100個近くのコアを使うことも珍しくない。

創界神(グランウォーカー)ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】や【ネコジャジャターボ】などとも呼ばれる。

ワンサイドゲーム・【ミカファールターボ】のようなソリティアプレイを行うデッキであり、ドリームブースター【俺たちのキセキ】で20種の新規創界神ネクサスがカードプールに追加されることで、より強力なカードパワーを持ちかねなかった。
そのため急遽2018年9月1日より龍皇海賊団 見張りのネコジャジャ禁止カードに、ブレイドラ制限カード<1>指定され、登場からわずか1ヶ月でこのデッキを公式戦で使用できなくなった。
創界神登場直前にはヤシウムが規制された例があったが、開発側が龍皇海賊団 見張りのネコジャジャブレイドラ(リバイバル)のドロー性能を見誤っていた事態だったと言える。

【ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】との関連

圧倒的な強さを誇っていた【ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】はデッキの要であるアイツのカード一月幼神ディアヌス・キッズが、2018年9月の第22回改定で制限カード<1>に指定されることが8月1日に告知された

これにより【ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】は弱まるはずだったが、その改定直前の8月に現れた【創界神(グランウォーカー)ワンショット】は大量の創界神ネクサスをデッキに入れることにより、龍皇海賊団 見張りのネコジャジャアイツのカード以上にドローでき、1枚しか入れられなくなった一月幼神ディアヌス・キッズをほぼ確実に手札にもってこれるため、従来の【ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】と同じように扱えた。

しかし一方的な展開になりがちなこともあり、急遽龍皇海賊団 見張りのネコジャジャブレイドラアイツのカード一月幼神ディアヌス・キッズと同じ日から禁止・制限カードに指定されることとなった。

構築

スピリット

ブレイドラ(リバイバル)と龍皇海賊団 見張りのネコジャジャは3枚必須。

  • 高コスト

ブレイヴ

  • シンボルあり

創界神ネクサス

基本的にの創界神ネクサスを採用する。
それぞれ3枚ずつ採用し、5種15枚くらいが基本となる。
キーカードがトラッシュに落ちるのを防ぐため、基本的に配置したときに《神託》は使わない。
赤の創界神ネクサスは龍星の射手リュキオースの【超祈願】でコアを複数置けるため、【神技】や【神域】を発揮しやすい。

  • 最大軽減で0コストで配置できる創界神ネクサス
  • 馬神 弾
    神技】の効果で相手のネクサスや小型スピリットを破壊できる。
    また、【神域】の効果で合体スピリットのバトル終了時に相手のライフを削ることができるので、アタックではライフが減らせない創界神アルテミスの【神技】対策にもなる。
  • 配置に最低1コストかかるが、神シンボルから色を変更できる創界神ネクサス
  • 創界神セト
    相手に除去されない青のシンボルにもなる。

ネクサス

  • オリン円錐山
    配置することで、自分の赤のスピリットが相手の効果でフィールドから手札やデッキに戻らなくなる。

マジック

とにかく龍皇海賊団 見張りのネコジャジャを引かなければならないので、ドロー系マジックは多めに入れておくこと。

デッキの動かし方

  1. 序盤にドロー系マジックなどを使い、ブレイドラ(リバイバル)と龍皇海賊団 見張りのネコジャジャを引いてきて召喚する。
  2. 第2~3ターン以降に創界神ネクサスを最大軽減ノーコストで大量に配置していき、「ブレイドラ(リバイバル)」と「龍皇海賊団 見張りのネコジャジャ」の効果で、キーカードが揃うまでデッキのほぼ全てを引き切る。
    キーカードがトラッシュに落ちるリスクがあるため、創界神を配置したときの《神託》は使わない方がいい。
  3. 龍星の射手リュキオースの【超祈願】で赤の創界神ネクサスのコアを増やしつつ、破壊耐性のあるスピリットアルティメットを【龍射撃】で破壊する。その後、馬神 弾ツルギ・タテワキで相手のスピリットアルティメットネクサスをすべて破壊する。
  4. 一月幼神ディアヌス・キッズの効果で、龍星の射手リュキオース黒皇龍ダークヴルム超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)をメインステップ中に《煌臨》してトラッシュのコアを回収する。
  5. 超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)を断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソードと合体させ、馬神 トッパの【神域】でシンボルを増やしたり、馬神 弾の【神域】の効果を発揮したりして、一撃で相手のライフを削りきる。そのターン中に万一削りきれずとも、断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソードの効果で追加したターンで決められる。

弱点

手札事故を起こしやすく、デッキを掘り起こせる龍皇海賊団 見張りのネコジャジャを序盤に引けない、もしくは除去されてしまうと脆い。

機巧犬キシュードッグ氷楯の守護者オーシンを召喚されたり、七大英雄獣ヘクトルを手元に置かれたりするとまともにドローもできなくなってしまう。
七大英雄獣ヘクトルミイラバードなどで対策したい。

創界神の配置もままならなくなる星空のコンサートホールや、手札増加を妨害する水銀海に浮かぶ工場島といったネクサスも天敵となる。

相手の手札や手元のマジックと【アクセル】は超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)のアタック時効果ですべて破棄させることができるが、相手のバーストの発動は許してしまう。
そのため、闇輝石六将 機械獣神フェンリグ闇輝石六将 砂海賊神ファラオムといった厄介なバーストや、基本的にダブルシンボル以上になるフィニッシャーを除去できる天火烈刀斬など、バーストで対処されやすい。
超・炎魔神トライアングルバンで対策していきたい。

派生型

創界神(グランウォーカー)リブラ・ゴレム(リバイバル)】

調教師ライナ兄弟の召喚時効果で大量にコアを増やし、天秤造神リブラ・ゴレム(リバイバル)と輝きの聖剣シャイニング・ソード(リバイバル)で相手のマジックと【アクセル】を封じつつ、相手のデッキアウトを狙う。
天秤造神リブラ・ゴレム(リバイバル)のデッキ破棄効果でスピリットが破棄されなかったら負ける点、デッキ破棄メタで詰む点、調教師ライナ兄弟を採用しなければならないのでサードアイズ・スネーク陰陽童龍面鬼ビランバといったコアブーストメタにも弱い点により、超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)をフィニッシャーにしたよりも安定性に欠ける。

創界神(グランウォーカー)グラン・ジークフリード】

【俺たちのキセキ】

馬神 弾ツルギ・タテワキ馬神 トッパブリンガー炎 利家茂上 駿太激突王ダン異界王ガルドス・ランダル灼熱のゼロ陽昇 ハジメ烈火 幸村創界神グレンら10種のウルを配置して龍星の射手リュキオースの【超祈願】の効果でLv2に。
調教師ライナ兄弟の召喚時効果などでコア10個を用意し、俺たちのキセキを決める。

後に超煌臨編にて龍星の射手リュキオースが制限カードとなったことで構築はより難しくなった。

関連リンク




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-03 (土) 03:04:05
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索