【仮面ライダー電王】

●目次

概要

コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】で登場した仮面ライダー電王を中心に構築するデッキ。

カードパワーの安定した高さから拡張性や完成度が非常に高く、電王とイマジンの組み合わせによる原作再現も難なく行うことができる。
コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】に収録されているカードだけでもショップバトルなどの大会である程度通用する実践級のデッキが組めるため、コラボブースターから入った新規プレイヤーにも勧めやすいデッキとなっている。

構築

仮面ライダー電王は基本的にブレイヴとの組み合わせで真価を発揮するカードが多いため、のカードを中心に名称とブレイヴ、仮面サポートで固める。

構築は大きく分けて『道化ブレイヴと【チェンジ】を持つ仮面』を採用するものと、『《煌臨》を持つ2枚の「電王」のみを採用し、ブレイヴは道化に拘らない』という2つに分類される。
前者はの【チェンジ】の高いコントロール性能を活かしやすく、後者は【武装】で確立された戦術やカードをそのまま流用可能。
また、白単色だけではなく赤との混色タイプのデッキも構築が考えられる。

スピリット

  • 仮面ライダーゴースト オレ魂
    赤/紫軽減を持つの仮面。
    召喚時にでは難しいスピリットカードのトラッシュからの回収が可能で、このスピリット自身を【チェンジ】対象にすることで何度も使いまわしができる。
    軽減はディケイド電王奇機械宇宙人ガピヤ星人サデスなどで満たすことができるが、コアブーストが得意なデッキかつ出番が終盤にトラッシュに仮面が落ちているタイミングからなので、軽減を満たさずに召喚することも多い。
    序盤に引いても扱いづらく、また何度も使いまわせるため1枚程度の採用でも十分。
  • 中コスト
  • 秩序軍撃墜王ソレイユ・ルヴァン
    コスト4ながらスピリット/ブレイヴへの効果耐性とダブルシンボルを持つのスピリット。
    アタックできないため完全な軽減用の置物となるが、これ1枚だけでコア運用が楽になる。
    煌臨》に関しては条件的にほぼ不可能なので考えなくても良い。
  • 奇機械宇宙人ガピヤ星人サデス
    アタックステップ中の相手のスピリットの召喚もしくは《煌臨》に対して手札もしくはトラッシュからノーコスト召喚が可能。
    白のスピリットであるため、このデッキのキースピリット2体にも《煌臨》が可能。
    シンボルはだが、紫の道化ネガタロスなどを無理に採用する必要性は薄い。
  • 高コスト
    • 仮面ライダー電王 ライナーフォーム
      コスト4以上ののスピリットに《煌臨》できる仮面
      アルティメットも対象に含めたバウンスによる回復効果で相手のフィールドを荒らしつつ連続アタックを叩き込める。
      【合体時】にはスピリット/アルティメットからの効果を一切受けなくなるため非常に場持ちが良くなり、相手のデッキによっては除去ができないフィニッシャーとなる。
      仮面ライダー電王 クライマックスフォームを採用せず、こちらのみを採用する場合は異魔神のような汎用性の高いブレイヴを使うのも手。
  • 仮面ライダー電王 クライマックスフォーム
    コスト5以上ののスピリットに《煌臨》できる仮面
    煌臨/アタック時にブレイヴを踏み倒しつつ回復し、最大4つののブレイヴを合体できる驚異のフィニッシャー。
    さらに【合体時】のアタック時にはデッキボトムバウンスまで発揮するため、ブレイヴの数さえ用意しておけば対処できないほどのアタッカーとなる。
    イマジン4体での原作再現も可能だが、自分なりのブレイヴの組み合わせを見つける構築も可能。
    そのぶん、真価を発揮するためにはブレイヴの数が十分必要なので、デッキ構築段階でバランス調整を考慮する必要がある。
  • 仮面ライダーディケイド 激情態
    手札増加後の【Sバースト】で3コアシュートしながら召喚できるシンボルの仮面
    アタック時にはBP破壊、さらにLv3では手札の【チェンジ】をノーコストで発揮させつつ入れ替えさせずに召喚できるため、普段の動きではできない数による物量戦法を取ることが可能。
  • 戦国将軍ジークフリード・魁
    コスト5以上のスピリットに《煌臨》できるのダブルシンボルスピリット。
    煌臨時に範囲の広いBP破壊と、【装甲】などの耐性持ちを逆手に取るシンボル追加とアンブロッカブルでライフを一気に狙えるフィニッシャー。
    除去手段がバウンス一辺倒になりがちなこのデッキの弱点を補いつつ、勝ち筋を1つ増やすことができる。

アルティメット

ブレイヴ

  • デネブ
    召喚時にバウンスとコアブーストを行う道化ブレイヴ。
    装甲】/【超装甲】持ちを除去できる性能の高さが売り。

ネクサス

  • ネクサス
    • デンライナー
      配置時にデッキから道化ブレイヴを手元に補充するネクサス。
      実質的なサーチ手段と同義であり、オープン枚数も多く扱いやすい。
      デッキ内のブレイヴを道化で固めるのであれば投入したい。
      仮面はトラッシュに送られてしまうため、手札に必要なぶんが揃っているタイミングで使用したい。
      Lv2効果は道化をあらゆる除去から退避させられるためアドバンテージを失いづらく、また仮面ライダー電王 クライマックスフォームの回復からの連続アタックとも相性が良い。
  • 時の分岐点
    ドローステップでのドローの質を格段に高めるネクサス。
    Lv2になると仮面/道化の召喚の際に白のシンボル3つ分になるため、ほとんどフル軽減できるようになる。
    このデッキのキーカードのうちの1枚。
  • 侵されざる聖域
    コスト8以上の大型スピリットに以外の【装甲】を付与するネクサス。制限1カード。
    ブレイヴでのコスト加算が常に行われるこのデッキでは対象コストに達することが多く、手軽に耐性を付与できる1枚。

マジック

  • デンライダーキック
    スピリット1体をバウンスするマジック。
    仮面がいれば代わりにデッキボトムバウンスとなり、コスト不相応なほど強力な効果になる。
    さらに仮面ライダー電王がアタック中はコスト2になり最大軽減でノーコスト使用ができる。

デッキの動かし方

序盤は仮面ライダー電王 プラットフォーム時の分岐点で手札を整えるのがベスト。
すぐに【チェンジ】でコスト4以上のスピリットに入れ替わり、何らかのブレイヴと合体させて相手のテンポを崩すのが定石。
特に仮面ライダー電王 ソードフォームで相手の盤面を崩す、仮面ライダー電王 アックスフォームで相手のアタックを遮断するなど、このあたりが出せれば上出来。

中盤ごろには仮面ライダー電王 ライナーフォームで相手のフィールドを崩しつつ耐性と回復にものを言わせライフを削れるため、いかに序盤の準備ができるかが鍵となる。

仮面ライダー電王 クライマックスフォームは派手だが隙も大きいため、一発逆転や一撃で勝負を決めたいときに使用したい。

弱点

このデッキは基本的にブレイヴとの合体を戦術の軸とするため、合体とスピリット状態の維持を封じる滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ(リバイバル)は天敵中の天敵となる。
また、除去手段はほぼバウンスに限られるため、水晶竜シリマナイトで【重装甲:】をばらまかれつつ多シンボルもメタられると攻めの手が止まってしまう。

関連リンク

デッキ集

外部リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-24 (日) 15:48:07
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索