【仮面ライダーファイズ】

●目次

概要

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】で登場した仮面ライダーファイズオルフェノクを中心に構築するデッキ。
他の仮面デッキと異なり、ヒーローである仮面ライダーと怪人であるオルフェノクが入り混じるという、原作の設定を色濃く反映した構築となるのが最大の特徴。
そのため、【オルフェノク】についても本項で扱うこととする。

仮面冥主の混色デッキになるため、BP破壊/強制バトル/コアシュート/疲労状態破壊などの幅広い除去手段を用いて臨機応変に戦うことができる。
両者ともにドローを得意とする色であり、2色デッキらしく軽減の量が多いため、デッキを掘り進んで必要なカードを手札に加えやすい。
トラッシュからの回収やバーストなども強力なものを数多く持つ。

構築

仮面を持つ「ファイズ」/「カイザ」/「デルタ」と、冥主を持つ「オルフェノク」を中心に構築する。
それ以外の仮面は赤/紫であれば利用できるが、サーチやサルベージの対象外になりやすいことに注意。

基本的には仮面ライダーファイズ ブラスターフォームをフィニッシャーに据える構築が安定するが、投入する比率を「オルフェノク」寄りにすることで、アークオルフェノクを中心とした粘り強いデッキにすることも可能。

スピリット

  • 低コスト
  • 煌星竜スター・ブレイドラ
    アクセル】で手元に置くことでBP破壊効果の上限を1000上昇させるコスト0スピリット。
    環境で出くわすBP帯に対してこのデッキの破壊範囲が足りない場合に有効。
  • クレインオルフェノク
    召喚時に1ドローと、のスピリットがいれば追加でネクサスを破壊するオルフェノク
    Lv2からは自身を赤として扱えるため、Lv2になるように召喚すれば単体でネクサス破壊まで行える。
    ネクサスを破壊できるオルフェノクはこのスピリットのみ、軽減の多さからセンチピードオルフェノクで回収して何度も使いまわしやすく、見た目のシンプルな効果以上に働いてくれる。
  • ホースオルフェノク
    召喚時にBP8000以下のスピリットを破壊、破壊に成功すれば1枚ドローできる「オルフェノク」
    コスト5、軽減4という召喚のしやすさにしては破壊範囲が広く、アドバンテージを得やすい。
    Lv2からは自身をデッキ下に戻すことで、手札/トラッシュからホースオルフェノク 疾走態を召喚できる。妨害されやすいタイミングでの使用になることには注意。
  • 仮面ライダーカイザ
    チェンジ】でBP9000以下のスピリットすべてを破壊しつつ、仮面/冥主と入れ替わる仮面
    仮面ライダーデルタの【チェンジ】同様コストの指定が無いが、入れ替わる対象がコスト4以下の時はエンドステップに破壊されるため、できることならコスト5以上のスピリットと入れ替わりたい。
    Lv2からは指定アタックとドロー効果により着実にアドバンテージを獲得できる。
  • ドラゴンオルフェノク 魔人態
    召喚時に2ドローを行う、手札が6枚以上なら追加でコアシュートを行う「オルフェノク」
    Lv2からはアタック/ブロック時にバトルしている相手のスピリットを問答無用で破壊できるため、安定してライフを削りにいくことができる。
  • 仮面ライダーウォズ
    ドローステップに手元に置くことでドロー枚数を増やせる。解決後に手札が4枚以上の場合は手札を1枚捨てなければならず、手札が4枚未満になることはこのデッキはほぼ無いが、コア消費無しでデッキを掘り進めるのは魅力的。
    更にコスト6以上のスピリットがいる場合には手元から踏み倒し可能。Lv2以上であればライフダメージも発揮でき、ワンショットキルを目指すこのデッキでは助けになる。特に仮面ライダーファイズ ブラスターフォームとシングルシンボルブレイヴで4点ダメージを与えられる場合に、合計5点ダメージで勝ちに繋がる点が魅力的。
    Lv2維持コストが3必要なことに注意。
  • 選ばれし探索者アレックス
    定番の【バースト】スピリット。
    すべての色として扱う効果でその時必要な軽減を満たせるため、2色デッキかつ他色のシンボルもあって困らないこのデッキとの相性がいい。
  • アークオルフェノク
    「オルフェノク」に《煌臨》できるオルフェノク
    最大の特徴は「オルフェノク」すべてのLv1の維持コストを0として扱えるようになるため、展開力を高めて物量に任せた戦法が可能になる。
    もっとも、効果発揮の源であるこのスピリットが除去されて盤面が壊滅しては笑えないため、最低限のコアを載せて相手のコアシュートに耐えられる程度の認識で動く方が良い。
    このカードを採用する場合はデッキ内の比率をオルフェノク寄りにする必要がある。
  • 仮面ライダーカイザ [2]
    アタック時のバースト無効化に対するメタ効果を持つバーストカード。
    通常のバーストとしても扱いやすく、召喚後もブロック封じでダメージを通しやすい。

アルティメット

  • 暗極天イブリース
    紫の【Uハンド】を持つ。紫のバーストを手札に回収することが多いこのデッキでは発動機会が多い。
    究極シンボルは活かしづらいが、召喚条件やコストも軽く召喚時効果もワンドローなので腐らない運用は難しくない。

ブレイヴ

  • シンボルなし
    • 騎士王蛇ペンドラゴン
      コスト3以上と合体可能なブレイヴ。
      リバイバル前後でドローのタイミングが異なる。
      基本的にはアルティメットを対処できるリバイバル版の方が扱いやすい。

ネクサス

創界神ネクサス

マジック

デッキの動かし方

序盤は仮面ライダーファイズの召喚時効果やスマートブレイン社のドロー効果で手札を整えることが先決。
多少荒くとも仮面ライダーファイズ ブラスターフォームとそ煌臨元のスピリット、紫のスピリットカード1枚とクリムゾンスマッシュを手札に揃えてしまえば逆転は可能なので、とにかく手札補充が最重要。
そのため【チェンジ】を駆使して攻めるのではなく、手札が揃うまでいかに相手に攻めさせないかが重要となる。

理想の手札が思うように揃わない場合、軽減の多さを利用して数を並べつつ、【チェンジ】を絡めた物量作戦に切り替える判断も必要。

弱点

最序盤から手札を増やさなければならないため、手札増加後の【バースト】を踏みやすい。
特にオートバジン バトルモードクロコダイルオルフェノク 凶暴態がいないときに闇輝石六将 機械獣神フェンリグなどを踏んでしまうと壊滅しかねない。
そうでなくともトラッシュ利用や召喚時効果を多用するため、巨顔石の森軍港都市オステアなどを配置されると厳しくなる。

関連リンク

デッキ集

外部リンク




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-13 (月) 10:17:52
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索