【仮面ライダーキバ】

●目次

概要

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】で本格収録された仮面/夜族である「キバ」を中心にしたデッキ。

夜族の系統から【夜族】の派生デッキとしての構築も可能。
紫らしく優秀な多数のコスト3スピリットに恵まれており、ドローとサーチで手札とトラッシュを肥やし、【チェンジ】と《煌臨》で戦う。

構築

紫の仮面のうち、可能な限り「キバ」で統一してキバットバットIII世/魔皇剣ザンバットソードの合体条件に困らない構築とするか、その他の仮面及び紫スピリットと、それらに合体できる汎用ブレイヴを採用するかで構築が分かれる。
どちらにしろ仮面ライダーキバ キバフォームキバットバットIII世を起点に、仮面ライダーキバ エンペラーフォーム仮面ライダーキバ 飛翔態を目指して展開していく。

スピリット

  • 仮面ライダーゴースト オレ魂
    紫軽減を1つ持つ仮面。召喚後は赤シンボルのみ。
    召喚時効果でトラッシュの仮面を手札に戻せる。相手に除去されたり、トラッシュ肥やしや使い捨てた【チェンジ】などトラッシュが肥えやすいこのデッキでは使用する機会は多い。
    チェンジ】の入れ替え元にもできるが、コアに余裕がないこのデッキでは紫シンボルが無いことがかなり響く。
    キャッスルドランと合わせてコアを節約するのが理想。
  • 仮面ライダーイクサ バーストモード
    相手の煌臨/召喚時効果発揮後に召喚できるコスト5の仮面
    スピリットカードを捨てることで手札交換と除去が可能だが、手札交換に失敗した場合はバースト召喚もできず破棄されることに注意。
    チェンジ】には対応するが、「キバ」ではないためキバットバットIII世などとは合体できないことから、主力の煌臨条件であるコスト6以上となるために何らかの合体できるブレイヴがあると良い。
  • 仮面ライダーサガ
    『仮面ライダーキバ』に登場する仮面ライダーだが、系統が夜族ではなく妖蛇であり反魂呪に対応せず、名称サポートも受けられない。
    召喚時効果はこのコスト帯ではそれなりに優秀でスピリットの回収もこのデッキの主力カードが対象になるものの、積極的に採用するほどの旨味は薄い。
    軽減の多さと、アタック時効果で仮面ライダーダークキバを早いターンから召喚できる点を活かしたい。
  • ディケイドキバ
    ライフ減少後に【バースト】召喚できる「キバ」で、速攻相手に優位に立てる。
    【バースト】以外での召喚は難しく、アタック時効果を通すための効果などはこれといってないため、採用するならば赤シンボルを活かせる形にしたい。
  • 高コスト
    • 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
      チェンジ】コストも重いため、なるべくキャッスルドランで踏み倒したい。
      コストの高さから、自身は同名カードも含めてこのデッキの主力の仮面の【チェンジ】で入れ替えできない。
      【チェンジ】効果の全体除去も多くの状況で使えるが、主力はコア3個以下のスピリット/アルティメットを破壊し、ライフを削るアタック時効果。
      入れ替え以外にも反魂呪などで踏み倒すなどして、回復状態でアタックステップに入るように心がけたい。
  • 仮面ライダーダークキバ
    召喚時効果で仮面ライダーキバ エンペラーフォームの【チェンジ】と同等のコアシュートを撃てるが、自分のライフも減らさなくてはいけない。相手に追い詰められてからは召喚できなくなるのが難点。
    反魂呪で相手ターンに召喚し、返しのリフレッシュステップでコアを回収するのが理想。
    仮面ライダーサガの効果で早めのターンから踏み倒すのも良い。
    アタック時効果はアルティメットも含めたコアシュートで、高Lvの相手を除去ないし弱体化できる。ライフ回復は使えるコアが減り、このスピリットの召喚分と差し引きすると美味しいとは言い難い。

ブレイヴ

  • シンボルあり
    • キバットバットIII世
      自身も「キバ」であるコスト3のシンボルブレイヴ。
      合体条件は「キバ」であればコストを問わない。
      召喚時にデッキから「キバ」をサーチしつつトラッシュを肥やせる。
      更に「キバ」の【チェンジ】の際に入れ替えも可能で、手札に戻す代わりに合体させてダブルシンボルでのアタックもできる。
      このデッキのキーカードだが、「イクサ」を含めてこのデッキに相性の良いスピリットに合体できないこと、【チェンジ】での入れ替えの際に合体するときの動作に癖があることなど、注意しなければならない点も多い。
  • 4コマ忍法刀
    6色の軽減を1つずつと紫シンボルを持つ。
    仮面を破棄することで相手の破壊からスピリットを保護できる。紫以外のシンボルを持つカードを採用すると召喚しやすい。
    コスト3スピリットが主力のこのデッキでは合体条件を満たしづらいのが難点。

ネクサス

  • 吊られた古城
    召喚時に相手カードの色によってドローが可能。相手にカードがない場合はドローできない。
    選ばれし探索者アレックスの存在する昨今では6枚ドローを狙うことも難しくない。
    Lv2からは手札をコストに、夜族全体に破壊耐性を付与可能。

創界神ネクサス

マジック

  • 反魂呪
    このデッキの主力である夜族1体をトラッシュからノーコスト召喚する。
    ノーコスト召喚はメタカードで妨害されやすいものの、通るならば攻守に役立つため、可能な限り積んでおきたい。
    ソウルコアを使えばコスト2以下スピリットも同時に出せるが、「キバ」関係では存在しないため、無視するか低コスト欄で紹介した相性の良いカードを採用する形になる。また、優先するべき仮面ライダーキバ 飛翔態などのためのソウルコアを使ってしまわないように注意。
  • リターンドロー(リバイバル版)
    そのターン中、【チェンジ】でスピリットが手札に戻ったときにドローできる。
    自力でトラッシュから戻ることもでき、手札コストとして使っても良い。

デッキの動かし方

コスト3スピリット及びキバットバットIII世を起点に手札を増やし、なるべく早いターンに仮面ライダーキバ エンペラーフォームを場に出してアタック時効果で相手のスピリット/アルティメットを除去していく。
相手が除去を嫌ってコアを1つにまとめたのを見計らって仮面ライダーキバ 飛翔態へ《煌臨》できると理想的。
相手の勝ち筋によってはを除いて干渉する手段の少ないリザーブにコアを温存し、相手が決めに来たタイミングで仮面ライダーエボル ブラックホールフォームブラックウォーグレイモンなどを起点に、仮面ライダーキバ 飛翔態への《煌臨》でカウンターを狙うことも視野に入れたい。
アタックステップ後から盤面を回復する手段は少ないので、自分のターンが回ってきたら逆に一気に決めたいところ。

弱点

チェンジ】と《煌臨》を主軸にするため、相手にスピリットを除去されてしまうと場にカードを出せなくなる事が多い。
無色化や耐性を逆手に取る手段も少ないため、名称:「装甲」を含む効果など効果を受けないカードで固められるのも苦手。

関連リンク

【紫速攻】




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-10 (日) 18:21:50
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索