【不死】

●目次

デッキの概要

の【不死】を活用することで、ボードアドバンテージを取りに行くデッキ。
闇の聖剣の登場で無限不死ループが可能になった。
また、相手のアタック時効果でスピリットが破壊されたときに【不死】が誘発するので、ブロッカー不在になりにくい。
不死妖蛇】や【不死夜族】の登場により、より幅広い構築が可能になった。

構築

不死】を持つスピリットを中心に相性の良いカードで周りを固める。
単色でも問題ないが、コアブーストに、除去強化にがタッチされることもある。

スピリット

  • 低コスト
  • グラシャハウンド(リバイバル前)
    自身が【不死】を持つと同時に【不死】用の紫軽減を付加するので便利。
    無限不死ループのキーパーツとなる。
  • ヤン・オーガ
    他色だが軽減を持っている。
    はコアが不足しがちなので、コアブーストは重要。
  • シキツル
    定番の3コスト召喚時ドロー効果を持つスピリット。
    バーストの登場により、採用率は下がる可能性がある。
  • 妖狐キュービック
    以前は不死ループのために高コストスピリットが採用されていたので、役に立つ場面があった。
    しかし、現在では高コストスピリットと共に見かけなくなっている。
  • ジャイナガン
    破壊時のコアシュート効果が魅力。
    また、下記のデッキ破棄ループの材料にもなる。
  • 中コスト
  • ボアトリクター
    不死:コスト3/4】を持つため不死ループが組みやすく、単独でも破壊時ドローにより腐りにくい。
    軽減が少ないので無限不死には適さないのが難点。
  • 冥総裁ハーゲン
    ではカラーレス効果が役に立つ。
    召喚時効果の方は強制なので、邪魔になることも。
  • 高コスト
  • 虚皇帝ネザード・バァラル
    帰ってきた虚神
    軽減が少ないので、最大軽減時のコストは蛇凰神バァラルと変わらないが、レベルコストを+1する効果が使いやすくなっている。
    コアシュート効果もlv2から、それも自分の不死がアタックすればいいので使いやすい。

ブレイヴ

コストを加算してしまう、スピリットの破壊を積極的に行うので、【不死:系統】を除き、あまり相性はよくない。

  • シンボル有り
  • ズガネーク
    不死】をトラッシュに送り相手のスピリットを1体破壊できる。
    このブレイヴ単体でも除去カードとして使用できる。
  • シンボル無し

ネクサス・マジック

  • ネクサス
  • 血塗られた魔具
    時間稼ぎの定番。
    Lv2効果で【不死】持ちのスピリットをトラッシュに送りつつ、ドローを強化できる。
    ただし、最近はスピリット破壊後発動のバーストの引き金として相手に悪用されることも多いので注意。
  • マジック

デッキの動かし方

序盤~中盤は血塗られた魔具等のコアコントロールで時間を稼ぎつつ、手札を増やす。
闇騎士マリス魔界七将ベルドゴール等の【不死】を何度も繰り返せば、フィールド上のスピリットが絶えることはないだろう。
最終的には闇騎士マリスor魔界七将ベルドゴールor闇騎士ガヘリス+グラシャハウンド+闇の聖剣の無限不死ループの完成を狙う。
ループが完成すれば、フィニッシャーが居なくてもスピリット数の差で押し切ることができるだろう。

弱点

一般的な紫デッキ同様に【装甲:紫】に苦戦する。
コスト3のスピリットのアタックを無効化する近衛機クリザンテMk-VIII戦神乙女ヴィエルジェにも苦労するだろう。

疲労効果・バウンス効果にも弱いことに注意したい。

派生デッキ

リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-09 (土) 00:50:04
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索