【ハヌマーリン】

●目次

概要

十二神皇編 第3章で登場した、申の十二神皇ハヌマーリンを軸としたデッキ。
アクセル】の発揮と召喚のすべてをノーコストにする同スピリットの効果を活かしてループを成立させ、シンボルを5つにしたスピリットでワンショットキルを行うのが基本的な勝ちパターン。

ほとんど【アクセル】が登場した十二神皇編 第3章だけでパーツを揃えることができるが、様々な色の高レアリティの【アクセル】を採用する関係上、多少値が張るデッキとなっている。
他の神皇を軸としたデッキと違い、《封印》する必要性が低く、多少であればソウルコアを条件とするカードを入れられるのも特徴。

余談だが、ワンショットキルの特性上、異界デッキバトルでは特殊ルールのうち、異界デッキ使い側に有利なものをほとんど封殺できる。

【申増食】として混合されることもある【増食】共々、動きがいわゆるソリティアと呼ばれるものになるうえ、バトスピ エクストリームゲームで一方的にガーディアンを屠るなど、その成立速度と安定感が非常に高いことが公に証明されてしまった。
そのため、2017/9/1より主要パーツである申の十二神皇ハヌマーリン果物女王マンゴスティナ庚の猿王ヴァーリン制限カード〈1〉に指定された。

構築

小型スピリットにの特に想獣をサポートするものを採用し、大型スピリットには踏み倒しの恩恵が大きい他色の強力な【アクセル】を採用するのが基本的な構築。

スピリット

  • レーシングペンタン
    相手のシンボルを0にする【アクセル】と、手元で効果ダメージを防ぐことができる下級スピリット。
    このデッキの主な防御手段のうちの1枚。
  • 美食の妖精ロゼット
    アクセル】が発揮されるたびに1ドローできる。
    系統や名称のサポートを受けることはできないが、相手に破壊されてもしぶとくフィールドに残れるため、軽減用のシンボル稼ぎとして働く。
  • 星馬コルット(リバイバル)
    回復状態では相手の効果を一切受けないため、序盤から安定したシンボルの確保ができる。
    破壊時には合体スピリットのブレイヴを手札に戻すため、超・風魔神の【ダブルドライブ】対策にも有効。
  • ヒルスビートル
    神速】で召喚できるスピリット。
    召喚時に手元のの【アクセル】スピリットをノーコストで召喚し、その上コアブーストまで行うため、このカードのコアブーストに期待して緑の【アクセル】を多数採用しても良い。
  • キグナ・スワンMk-II(リバイバル)
    アクセル】効果は特定系統へのBPアップのみだが、手元に置いておくことで4枚以上のデッキ破棄を防ぐことができる。
  • 中コスト
  • 加速癸鳥エアイレイザー
    相手のマジックを打ち消す特殊な【アクセル】を発揮する十冠
    であるため丙の木猿ナラで回収でき、マジックによるこのデッキへの対処を困難にする。
    基本的には手札に握っておき、相手が防御用のマジックを使用したタイミングで使用し勝負を決めたい。
  • 申の十二神皇ハヌマーリン
    このデッキのキーカードである神皇
    アクセル】の踏み倒しによりアドバンテージを稼ぎつつ手数を揃えることもできるほか、防御の際にも1体立たせておくだけで相手のアタックを牽制できる。
    《封印時》効果は完全におまけ扱いだが、自然と十冠の多くなるこのデッキでは思わぬところで活躍することもあるため、覚えておいて損はない。
    BPは高いが、自身がアタックする必要がある効果は持っていないため、【ダブルドライブ】を狙うのでもなければアタックは他のスピリットに任せたほうが安全。
  • 恐竜辛機ターボレックス
    スピリット/アルティメット問わずデッキの上下好きな場所にバウンスできる【アクセル】を発揮する十冠
    召喚後も神皇/十冠のアタックの度にバウンス効果を発揮するため、デッキを十冠で固めておけば非常に強力なロックカードになる。
  • 高コスト
  • 蒼き蜂皇オオセイボゥ・A
    相手スピリット2体を疲労させる【アクセル】を発揮するの大型スピリット。
    召喚時には3コアブーストかバウンスかを選ぶことができるが、除去手段よりもコアブースト手段に乏しいこのデッキにおいては前者を優先することになるだろう。
  • 戦鬼ムルシエラ
    コア3個以下の相手スピリット/アルティメットを壊滅させる【アクセル】を発揮するの大型スピリット。
    召喚後もダブルシンボルのアタッカーとして最低限の働きをしてくれる。

ブレイヴ

  • 猿魔神
    トラッシュの緑/黄/青の【アクセル】を回収する効果と、コスト破壊を持つ異魔神ブレイヴ。
    トラッシュにカードを落とす手段は非常に多いため、回収効果もそれなりに機能するが、左右で合体条件が違う点には注意。

ネクサス

  • ネクサス
  • 華黄の城門
    手札のカードを手元に置きつつドローできるのネクサス。
    序盤ではどうしても発揮できない重い【アクセル】や、【アクセル】を持たないスピリットをオープンすれば無駄がない。

マジック

アクセル】でほとんど事足りるため基本的には必要無し。
どうしても【アクセル】で対処できない部分を補うための措置として数枚入れる程度にする。

  • 白晶防壁
    あらゆるダメージを防ぐ白マジック。【アクセル】でもこれほどの防御力を持つカードは存在しない。
    ソウルコアを要求するため、《封印》は使わずにおくと良い。

デッキの動かし方

戊の水猿スシェーナ加速戦士イエロー・マーリンなどで手札に【アクセル】を溜めつつ、申の十二神皇ハヌマーリンを召喚できるまで時間を稼ぐ。

申の十二神皇ハヌマーリン召喚後は手札の【アクセル】をフルに使い、相手のフィールドを壊滅させつつ増やした打点でライフを一気に削り切るのが理想。
《封印時》効果を活用するデッキではないため、《封印》するかどうかはライフや使えるコアの数と相談して決めればいい。

また、以下の行程でループを発生させ、デッキのカードが続く限りドローとの【アクセル】の使用が可能となる。

  1. フィールドに申の十二神皇ハヌマーリン、手札に丙の星獣スター・キャンベルが1枚、手札・トラッシュに丙の木猿ナラが合計2枚(うち1枚はスピリット状態でフィールドにあっても良い)、手札または手元に【アクセル】を持つのカードが1枚以上という状態でアタックステップに入り、申の十二神皇ハヌマーリンなど何らかのスピリットでアタックする。
  2. 丙の木猿ナラがトラッシュに送られているならばここからスタート。
    丙の星獣スター・キャンベルの【アクセル】をノーコスト使用し、トラッシュの丙の木猿ナラを手札に回収。丙の星獣スター・キャンベルは召喚せずに手元に置いておく。
    丙の木猿ナラが2枚ともトラッシュにある場合は2枚とも手札に加える。
  3. 手札に丙の木猿ナラが2枚ある場合、ここからスタート。
    丙の木猿ナラの【アクセル】をノーコスト使用。手札の【アクセル】を手元に置いてドロー、その後に召喚し、手元の【アクセル】を手札に加える。
    フィールドに丙の木猿ナラを1体スピリットとして召喚した状態にする。
  4. 丙の木猿ナラがフィールドに1枚、手札に1枚の場合、ここからスタート。
    手札の丙の木猿ナラの【アクセル】をノーコスト使用し、手札の【アクセル】を手元に置いてドロー、フィールドの丙の木猿ナラの上のコアを維持コストとして召喚、手元の【アクセル】を回収(丙の星獣スター・キャンベルが手元にある場合、ここで回収)して、消滅したフィールドの丙の木猿ナラをトラッシュに送る。
    2に戻り、ドローと【アクセル】の回収で必要な盤面が完成するまで繰り返す。

丙の木猿ナラの【アクセル】を使用する前に他の【アクセル】を使い、召喚せずに手元に置くことで、丙の木猿ナラの召喚時に回収・再使用が可能。
またトラッシュの想獣漂精丙の星獣スター・キャンベルで手札に戻すことが出来る。

このコンボを前提とする場合、採用する【アクセル】は加速癸鳥エアイレイザー猿道士オンコット[歌姫戦姫]シエラ・ムルセーヌ美食の妖精神エクレア・シフォン巨人王子ラーマといったのカードを中心とすると良い。
丙の木猿ナラはドローを行えなければ手元に置くことができず、申の十二神皇ハヌマーリンで召喚もできなくなるため、デッキのカードが尽きるとループが途切れることには注意。

弱点

序盤はひたすら手札補充に力を割くため、相手は速攻をするなり申の十二神皇ハヌマーリンに備えるなり自由にプレイできてしまう。

速攻デッキ相手ではこちらがコンボを行う前に勝負が決まりやすく、例え美食の妖精神エクレア・シフォンで相手のフィールドを一掃しても、このデッキが対策しづらいバーストなどを起点に、意外とあっさり復帰されてしまう場合も多い。
申の十二神皇ハヌマーリンを除去された場合のリカバリーも難しいため、同スピリットを召喚したら、増やした打点で1・2ターン以内に勝負を決めないと後がない。

また、召喚時効果による手札増加を対策する、五聖童子氷楯の守護者オーシンといった定番のメタカードで動きが止まってしまう。

デッキの派生系

【申増食】

十二神皇編 第5章果物女王マンゴスティナが登場したことで開発された【増食】との混合デッキタイプ。
【増食】の速度と【ハヌマーリン】のワンショット性能が合わさり、最速で後攻1ターン目にはシンボル5個になった複数体スピリットのアタックも狙える。
メタ手段は比較的多いものの、速度・爆発力に加えて対応力と安定感も高い、2017年前半期の環境トップデッキ。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集
【想獣】




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-23 (水) 23:25:25
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索