【シュタイン・ボルグ】

概要

超広範囲の回収効果と光導/星魂サポート効果を持つスピリット、魔羯邪神シュタイン・ボルグを中心にしたデッキ。
召喚時効果を利用してループを行う【シュタインループ】型と、創星龍バイアーブレイヴを組み合わせてアルティメットに対抗させる【バイアー光導】型が存在する。

共通

スピリット

  • 魔羯邪神シュタイン・ボルグ
    このデッキのメインとなるスピリット。
    1枚で複数枚のカードを回収できる可能性があり、それを基点にコントロールを行う。

【シュタイン・ボルグループ】

召喚時効果を使い、様々なカードを使いまわすループデッキ。

単独でループを組むことも可能であるが、フィールドに星魂スピリットを多く展開する必要があり、現実的でない。
したがって、【ギ・ガッシャループ】と併用する型が一般的である。

スピリット

  • 高コスト
    • 骸巨人ギ・ガッシャ
      ネクロマンシーを内蔵しており、このデッキのキーカード。
      8コストは重く見えるが、簡単に3コスト&フル軽減0コストに変貌する。
      召喚時回収効果だけでなく、破壊時疲労効果も強力。

マジック

デッキの動かし方

複数ループを行えるギミックが存在するが、具体的なループの1つを紹介する。

  1. 場に紫シンボルを4つ以上+光導/星魂スピリットが1体以上
    手札に骸巨人ギ・ガッシャ1枚+魔羯邪神シュタイン・ボルグ1枚+ビクティム1枚
    トラッシュに骸巨人ギ・ガッシャ1枚+魔羯邪神シュタイン・ボルグ1枚+低コスト無魔スピリットカード5枚以上を用意する。
  2. 手札にある骸巨人ギ・ガッシャを召喚。トラッシュにある骸巨人ギ・ガッシャと無魔を回収。
  3. ビクティムを使用。
  4. 魔羯邪神シュタイン・ボルグを召喚。コストは回収した無魔スピリットカードを破棄することで賄う。トラッシュにある魔羯邪神シュタイン・ボルグビクティムと任意の紫のカードを回収。
  5. 場にいる骸巨人ギ・ガッシャ魔羯邪神シュタイン・ボルグを自壊。
  6. 2に戻る。

魔羯邪神シュタイン・ボルグで回収した任意の紫のカードを活用することでより複雑なループを構成できる。
当然、場にいる光導/星魂スピリットの数が増えると回収できるカードも増えるのでよりコンボ性のたかいループもできる。

ループ中に行えるギミック

【バイアー光導】型

創星龍バイアーの効果で、光導と合体可能なブレイヴの効果をアルティメットへも適用可能にするデッキタイプ。

紫には強力なブレイヴが多く存在し召喚時効果で回収も容易なため、魔羯邪神シュタイン・ボルグで構築される。

スピリット

アルティメット

ブレイヴ

デッキの動かし方

ピクシスリザードエリダヌス・ドラゴンワイバーン・ベラボーン・トプスで序盤をこなす。
中盤以降に魔羯邪神シュタイン・ボルグスカルプレイン創星龍バイアーを展開し、相手のフィールドをコントロールしながらビートダウンを狙う。

【シュタインボルグ(リバイバル)】

概要

リバイバル前と比べ、『このスピリットの破壊時』にも効果を発揮できるようになったため、能動的に破壊できる効果を組み合わせることで回収効率がアップした。
ただし参照する系統も変更されているため、以前までのループにそのまま組みこむということはできなくなっている。

【ダークイニシエーションループ】

リバイバル版はダークイニシエーションとの相性が良く、魔羯邪神シュタイン・ボルグ(リバイバル)2枚、ダークイニシエーション1枚の計3枚で回収ループが成立する。
ダークイニシエーションは回収するスピリットの色や系統を問わないため、構築の幅も広がった。

スピリット

  • トゲアントヤン・オーガ
    破壊時にコアブーストを行う。
    前者はソウルコアがあれば、後者は軽減を確保できるなら、3コストの召喚時コアブーストスピリットを採用するよりも軽い。

アルティメット

  • 龍魔皇イビルフリード
    召喚時の【Uトリガー】を持つ。
    召喚ループまで持ち込めばデッキ破壊の勝利手段となり、デッキ破棄効果ではない点からメタの影響も受けにくい。

マジック

  • デッドリィバランス
    普段はフラッシュタイミングでの妨害カードとして利用、ループ中は能動的な破壊効果の補助カードとしても役立つ。

デッキの動かし方

  1. 魔羯邪神シュタイン・ボルグ(リバイバル)を召喚し、ダークイニシエーションを回収する。
  2. ダークイニシエーション魔羯邪神シュタイン・ボルグ(リバイバル)を破壊し、もう1体の前者の効果で魔羯邪神シュタイン・ボルグを、後者の効果でビクティムを回収。
  3. 1に戻る。

ダークイニシエーションで破壊時コアブーストスピリットを巻き込むか召喚時コアブーストスピリットを回収し、1ループごとにダークイニシエーションの使用コストとなる1コア以上を稼げれば無限ループとなる。
破壊するスピリットに魂鬼がいれば無限にドローできる。
これによりヤン・オーガの数をループごとに増やしていき、コアブースト効率を上げ、最終的にはフォビドゥングレイヴの連続使用につなげる。

【サキュバスループ】

女教皇リル・サキュバスの効果により『このスピリットの破壊時』を破壊せずに発揮させる。
女教皇リル・サキュバス夜族であるため反魂呪から最低2コストで召喚でき、コアブーストの準備も最低限で済む。

スピリット

  • トゲアントヤン・オーガ
    破壊時にコアブースト。
    これらのスピリットにより合計3個のコアが増やせる状況ならば無限コアブーストとなる。

マジック

デッキの動かし方

  1. 場に魔羯邪神シュタイン・ボルグ(リバイバル)、レベル3のヤン・オーガ、トラッシュに女教皇リル・サキュバス反魂呪1枚、手札に反魂呪1枚の状態でスタート。
  2. 反魂呪女教皇リル・サキュバスを召喚、魔羯邪神シュタイン・ボルグ(リバイバル)の効果を発揮させてもう1枚の反魂呪を手札に、ヤン・オーガで3コアブースト。
  3. 女教皇リル・サキュバスの維持コアを奪い消滅させる。
  4. 1に戻る。

十冠がもう1枚いればもう1枚の回収が出來、魂鬼などの破壊時効果を発揮できるならば無限ドローとなる。

リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-17 (金) 20:34:32
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索