【ゴッド・ゼクス】

概要

メガデッキ【魔王襲来】で登場した天魔王ゴッド・ゼクスを中心としたデッキ。

一般的には【紫白連鎖】などを足した3色で構成されるタイプと、天魔王ゴッド・ゼクス -終ノ型-をキースピリットとした6色デッキの二系統となる。
前者の3色のタイプは最終的には天魔王ゴッド・ゼクス及び天魔王ゴッド・ゼクス -ソウルドラゴンノ型-を召喚し、盤面を制圧するのが基本。
後者の4色以上は構築や入手が難しく、基本的に浪漫デッキとなる。

デッキの変遷

煌臨編・神煌臨編

煌臨》の登場でゲームスピードが加速し、神煌臨編で天魔王ゴッド・ゼクスの耐性では対応できないブレイヴの【アクセル】、アルティメット創界神ネクサスによる除去効果も増加。
環境の一線からは退いている。

しかしその人気の高さもあって、天魔神皇ゴッド・ゼクス -神ノ型-という新規「ゴッド・ゼクス」や、ターンエンドだ虫けら。ターンエンドしろ大六天魔王といったサポートカードも追加され、より様々な構築が可能となっている。

十二神皇編期

十二神皇編 第1章では、6色のシンボルすべてを要求する【六天連鎖:6色】を持つ天魔王ゴッド・ゼクス -終ノ型-が登場。
このスピリットを組み込み、6色デッキ構築としたデッキが少数ながら存在。
天魔王ゴッド・ゼクス -終ノ型-天魔王ゴッド・ゼクス -破ノ型-などを採用する場合、他のデッキと違い入手が困難なXXレアのカードや、それらの【六天連鎖】を発揮させるための放浪者ロロ天魔王ゴッド・ゼクス -ロロノ型-のようなプロモーションカードを要求してくるため、構築以前にカード自体を集める難易度が非常に高いデッキとなっている。

ドリームブースター【炎と風の異魔神】の発売により炎魔神を組み入れた【炎魔神ゼクス】が登場。
【ゴッド・ゼクス】デッキとして、環境でよく見るタイプは(煌臨編期においても)もっぱらこちらのタイプとなる。

炎魔神の投入により、赤シンボルの確保が容易になったのが特徴。
ガーネットドラゴン己械獣士ブロッケイド・タイガーを召喚し序盤を有利に進め、炎魔神天魔王ゴッド・ゼクス天魔王ゴッド・ゼクス -ソウルドラゴンノ型-で盤面を制圧する。

アルティメットが衰退していたのもあり、強力な耐性と、炎魔神の高いボード・アドバンテージ確保力で、十二神皇編前期の環境のトップを担う。

後に、速度の速い【爪鳥】デッキや獄土の四魔卿マグナマイザーなどの登場により衰退。

ベースとなる【白紫】も参照のこと。

烈火伝期

メガデッキ【魔王襲来】の発売により登場。
同商品からして【白紫】のパーツが多く組み込まれており、デッキも【白紫】を基本としたもの。

戦国六武将ムドウ対策も兼ねて、牡羊星鎧アリエスブレイヴなども投入されていた。

構築

天魔王ゴッド・ゼクスの軽減色である//を中心として組んでいくため、【紫白連鎖】をベースに専用カードや他色のカードを加えていく構築が一番簡単。
とにかくドロー加速を行い天魔王ゴッド・ゼクスを召喚することを第一とするため、ドローカードはできるだけ多く詰め込む。

天魔王ゴッド・ゼクス及び天魔王ゴッド・ゼクス -ソウルドラゴンノ型-を主軸とする場合は上記3色で【六天連鎖】も十分満たせるが、4色以上の【六天連鎖】を採用する場合、達成するために他の色にもなれるスピリットを多数採用していく。
基本は/のスピリットで、はハイブリッドシンボルスピリットで、はブレイヴ、はネクサスでそれぞれ補っていくのが基本。

スピリット

  • 低コスト
  • ギュウキ
    になれるスピリット。
    マジックとしても使用でき、相手の小型の排除やバトルの補助などを行える優秀な小型スピリット。
  • セフィ・アリエス
    詩姫以外のコスト6以上のスピリットカード召喚時に疲労状態で召喚しなければなくなる。
    軽減が多いためが多めの構築ならば一考に値する。
  • 犀ボーグ
    軽減が多く、ノーコスト召喚も可能なになれるスピリット。
    シンボルの色の分だけBPが上昇していくため、場が整えば小型とは思えないBPになる。
  • 中コスト
    • ジャコウ・キャット
      召喚時にバウンス効果と【連鎖】でドローを行うスピリット。
      Lv2効果で手札保護効果を持つため、安全にドローを行うことができるようになる。
      ボーン・ダイル1体で軽減を全て満たすことができる。
  • 鎧闘鬼ラショウ
    召喚時にデッキの上から4枚破棄して2枚ドローできる効果とネクサスの維持コアを操作するのスピリット。制限カード。
    墓地肥しとしての役割は上記の魂武者リューガと同様。
  • ネガ・テュポーン
    召喚時にネクサス3つを手札へ戻し、【連鎖】でドローを行う。
    このデッキでは貴重なネクサス除去手段であり、なおかつコアブーストもでき、ボーン・ダイルでフル軽減できたりと優秀なスピリット。
    維持コストはかかるが一応になれる効果を持つ。
  • 道化神メルト
    ブレイヴに対する強烈なメタ効果を持つ。
    コストを支払わずに召喚できる赤シンボルとしても優秀。
  • 仮面ライダースカル
    緑/紫のコスト5。
    トラッシュからコストを払って召喚でき、壁として何度も活用できる。
  • 煌牙狼ウルフズベリア
    コスト3以上のスピリットに《煌臨》できるのスピリット。
    煌臨時に【旋風:1】で相手のスピリット/アルティメット1体を重疲労させるため、【六天連鎖】での回復封じと相性が良い。
    破壊耐性もあるため場持ちも良い。
  • 忍頭領ソウルドラゴン・焔影
    赤と緑の混色の忍風武竜であり、デッキセットの値段が高いが、午の十二神皇エグゼシードと同じくデッキセットで確実に2枚手に入るため入手難易度は低め。
    無限焔の効果で指定アタックしつつバトル終了時にシンボル分のダメージを与え回復し、Lv2以上であればアタック時にドローとバースト封じまで行う単体のフィニッシャー。天魔王ゴッド・ゼクス -終ノ型-の【六天連鎖】との併用で連続で6点ダメージを通すことができる。
    しかし、午の十二神皇エグゼシードと比べると連続アタックが可能で維持コアが少ない反面、BPが低いため相手のフラッシュタイミングで相手のBPが上がって、BP負けの可能性もある。そのため、ブレイヴなどで補強するのが望ましい。
    単体で2色を持つ点とソウルドラゴンの名に反して能力にソウルコアを参照しないのが大きな強みであり、天魔王ゴッド・ゼクスのコア除去能力と共存が出来る。系統に武竜を持つ点も大きく、天魔王ゴッド・ゼクス -ソウルドラゴンノ型-陀武竜ドローなどの武竜サポートを共有出来る。
    ただし無限焔の効果は指定アタックとブロックされてから発揮する能力故に、天魔王ゴッド・ゼクスのコア除去能力より発揮タイミングが遅い。そのため、天魔王ゴッド・ゼクスのコア除去能力でスピリットを除去しきってしまった場合無限焔が成立しないことに注意しよう。
    相手が低BPのスピリットを展開していた場合はそのままバトルを終わらせてしまえるほどのスペックを持ち、指定アタック持ちなので効果破壊耐性やバウンス耐性を持つスピリットを除去できる。
  • 天魔王ゴッド・ゼクス -終ノ型-
    コスト12の最大級の「ゴッド・ゼクス」。
    ゴッド・ゼクス」から入れ替わるという形でフィールドに登場するため、元のコストの重さはさして気にしなくて良い。
    Lv3で自分のターン中にはスピリットすべてにスピリット/マジック耐性を与えるほか、【六天連鎖:6色】でスピリットすべてのシンボルを6色のシンボル1つずつにするという規格外の効果を発揮する。
    天魔王ゴッド・ゼクス -伍ノ型-などで相手がブロックできない状況を作ってしまえば一撃でゲームを終わらせることができる、その名の通りまさしくフィニッシャーになりえるカード。
  • 鉄拳明王
    ライフ減少後の【Sバースト】で召喚できるスピリット。
    シンボル確保の関係上ネクサスを多めに投入するため、それらを手札/トラッシュ問わず一気に展開できるのは非常に魅力的。
  • 砲天使カノン(リバイバル)
    ライフ3以下のライフ減少後の【Sバースト】で召喚できるスピリット。
    小型を一掃する効果だけでも強力だが、色の関係上【装甲】類に比較的引っかかりにくいのが特徴。
  • アルファモン
    バースト】で召喚できる全色スピリット。シンボルは紫のみ。
    ドロー、バウンス、回復、コアシュートと数多くの効果を持つ。
  • ドクトル・ファウスト
    コスト5以上の/のスピリット破壊後の【バースト】という特殊な条件で召喚できる、のダブルシンボルスピリット。
    バーストで召喚されればデッキから高コストのスピリットもコストを踏み倒し召喚できる。

アルティメット

ブレイヴ

  • シンボルなし
    • 騎士王蛇ペンドラゴン(リバイバル前後どちらでも)
      召喚時にコアシュートを行い、【超装甲】の隙をついて相手スピリットを除去できる紫のブレイヴ。
  • 折神モンキー
    最大軽減でノーコスト召喚できるブレイヴ。合体条件が少々特殊だが気にする必要は無い。
    起導:全色】を与えることで、以外の【Sバースト】を能動的に発動させてシンボルを確保していける。
    ただしソウルコアをトラッシュに送るため、ソウルコアを保持しておきたい効果との相性が悪いのが難点。
  • シンボルあり
    • スカル・ガルダ
      召喚時に1枚ドローできるブレイヴ。
      BP上昇値も申し分なく非常に扱いやすい。
  • ザグナ・オリックス
    疲労状態のスピリットに指定アタックできるようになるブレイヴ。
    連鎖】で機獣に対しコアブーストもできるが、おまけとして見ておこう。
  • ヒメネコ
    軽減が2つあるブレイヴ。
    アタック時のドロー効果と、条件付きのアンブロカッブル効果を与えるため、【装甲】の類をスルーしてアタックできる。
  • 牡羊星鎧アリエスブレイヴ
    バースト封じとアルティメットを疲労状態で召喚させるブレイヴ。
    アルティメットの効果に滅法弱いこのデッキにおいて、一時的な猶予を得ることができる効果は見た目以上に大きく働く。
  • 剣星鎧ソードフィッシュ
    自スピリット全てにそのターンアルティメットに対する耐性を与えるトリガーカウンターを持つブレイヴ。
    基礎となる色に軽減が噛み合う為非常に軽く、召喚した後もバトル時効果を含めて7000ものBPを加算できる為、天魔王ゴッド・ゼクスが相手の耐性持ちとのバトルとなるのを牽制出来る。コスト4以上に合体出来るのでガーネットドラゴンに付けると非常に強固。
  • 妖刀ムラサメ
    消滅/破壊後の【Sバースト】で召喚できるブレイヴ。
    コアシュート効果で相手のフィールドを操作しつつドローを行うことができる。
    天魔王ゴッド・ゼクス自身のコアシュート効果とこのカードのコアシュート効果でLVを変動させてオワリノセカイでの疑似アンブロッカブルを狙いたい。
    コスト4のスピリットが多いこのデッキでは合体先に困ることが多いかもしれない。
  • 龍魔神
    異魔神ブレイヴ。合体条件がコスト4以上のため合体先には困らない。
    疲労効果で【六天連鎖】の回復封じをサポートし、疲労状態のスピリット破壊でコアシュートが効かないスピリットの除去も担当できる。
    特性上左右に合体させれば紫のシンボル2個を確保できる点も魅力。
  • 竜機魔神
    の軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    単純に召喚しやすく、コスト4以上のスピリットの打点を上昇させてくれる。
    手札破棄効果で相手の反撃手段を潰すことも可能。
  • 炎魔神
    の軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    合体条件の緩さに対し、バースト破棄やアルティメットをも対象にしたBP破壊など、このデッキが若干苦手としている部分をあっさりと克服できる。
    六天連鎖】用のシンボルとしての役目も大きく、効果耐性のある天魔王ゴッド・ゼクスに合体させてアタックを続けるだけで相手の場が壊滅する。

ネクサス

  • ダークタワー
    全色軽減を持つ紫ネクサス。シンボルの色も紫。
    相手ターン中の踏み倒しと《煌臨》を封じる。
    Lv2からは赤として扱うこともでき、主力カードの軽減や【六天連鎖】と相性が良い。
  • 水銀海に浮かぶ工場島
    相手のドローを阻害しつつ、のスピリットに【重装甲/】を与えるため、このデッキのほとんどのスピリットに耐性を与えることができる。
    シンボルはのダブルシンボル。
  • 大龍城・本丸
    消滅/破壊後の【Sバースト】で配置できるのダブルシンボルネクサス。
    バーストでのBP破壊効果は範囲も広く、ドロー加速やバトルの補助など、らしい支援を行う。
  • 鬼岩要塞
    消滅/破壊後の【Sバースト】で配置できるのダブルシンボルネクサス。
    バースト効果で疲労状態のスピリットを破壊しつつ、配置時効果でドローができる。

創界神ネクサス

マジック

  • 双光気弾天火烈刀斬
    対合体スピリット及びネクサス破壊マジック。
    コストも軽いので採用しやすい。
  • ドリームネビュラ
    バウンス効果に加え、【連鎖】によるコアシュートとドローが可能。
    得られるアドバンテージは軽いコストに見合わぬ程。
  • 魔王刃
    アタック後の【Sバースト】でシンボルの色の数だけ自分のスピリットを回復させるマジック。
    シンボルを多数並べれば疲労していたスピリットが回復しブロッカーとなる。
    フラッシュ効果はバウンス効果とドロー効果だが、軽減が3色にばらけているため少々支払いが面倒。

デッキの動かし方

序盤の基本的な動きは【紫白連鎖】と同じく、ボーン・ダイルなどからジャコウ・キャットなどを展開し1枚ずつドローしつつフィールドにシンボルを整えていく。
違うのは、イチバンスピアー天魔王ゴッド・ゼクスをいち早く手札に加え、フィールドに出して相手を制圧することにある。
他色になれるスピリットを展開しつつアタックを仕掛け、天魔王ゴッド・ゼクスの効果でコアシュートを行い除去していく。
同じくイチバンスピアーでコストを軽くして、相手のフィールドを壊滅させることのできる天魔王ゴッド・ゼクス -ソウルドラゴンノ型-でも可。

序盤で天魔王ゴッド・ゼクス -零ノ型-を召喚し、早期に天魔王ゴッド・ゼクス -終ノ型-のBPと耐性で押し切るという戦法も取れる。

余裕があれば天魔王ゴッド・ゼクス -破ノ型-を召喚し、オワリノセカイなどで揃えたシンボルを参照に効果破壊も行っていく。

弱点

キーカードの天魔王ゴッド・ゼクス及び天魔王ゴッド・ゼクス -破ノ型-が全色のスピリットなため、
装甲】を1色でも持っているスピリット/アルティメットに対し除去効果及び【六天連鎖】が効かないという致命的な弱点がある。
よってミラーマッチになった際は膠着状態が続くことになるため、シユウヒメネコなどのアンブロッカブル効果を持つブレイヴで補いたいところ。
さらに要塞都市ナウマンシティーなどの多色カードへのメタ効果も最大限受けてしまう。

また、スピリットとマジックに対し耐性のある天魔王ゴッド・ゼクスは当然ながらアルティメットに対しては効果への耐性が無く、バトルにおけるBPでも太刀打ちできない場合が多い。
コアシュート効果で除去できるとはいえ、相手のターンで召喚されてそのまま効果で破壊されては立て直すのに苦労する。
対アルティメットを想定するなら、牡羊星鎧アリエスブレイヴでアルティメットを疲労状態で召喚させ、その間にコアシュート効果で除去するか【六天連鎖】で縛り付けるなどの対策が必要。

デッキとしては【紫白連鎖】同様に、スピリット/ブレイヴの召喚時効果やネクサスの配置時効果でドローを行うため、それらを全て封じる軍港都市オステアなどを張られると一気に止まってしまう。
ネガ・テュポーンの効果も使えなくなるため、ネクサス破壊マジックを多く積むか、機巧獣ヨロイファントで除去するなど予め対策を練っておきたい。

デッキの派生系

【ゴッド・ゼクスアリエス】

【ゴッド・ゼクス -終ノ型-】

【炎魔神ゴッド・ゼクス】

参考レシピ

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-05 (日) 17:58:14
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索