【ガイ・アスラ】

●目次

解説

他のスピリットのコアを取り込むことで回復し、連続アタックや連続ブロックを行う赤のキーワード効果、【超覚醒】を活かしたデッキ。
超覚醒】を所持もしくは付与するスピリットは全5体存在し、その全てが単色スピリットである。

その元祖がアニメ『少年激覇ダン』でラスボスの異界王のキースピリットを務めた幻羅星龍ガイ・アスラであり、そこから派生して天地神龍ガイ・アスラスレイヴ・ガイアスラの合計3体の【超覚醒】を持つ「ガイアスラ」スピリットと、アルティメット・ガイ・アスラが存在する。

これらを主軸に構築するため、キーワード効果である【超覚醒】との表記上の混同を避ける目的でも便宜的にこのデッキ名を用いる。

構築

超覚醒】スピリットは例外なく『お互い、このスピリットのコアは取り除くことができない』効果を併せ持つため、【超覚醒】発揮のたびに自由に使用できるコアが減っていく。
また、高いLv4BPが魅力の幻羅星龍ガイ・アスラ天地神龍ガイ・アスラはコストも非常に高い。

軽減シンボルとなるを中心としつつ、【超覚醒】持ち以外はなるべくコストのかからないスピリットで脇を固めたい。
系統としては星竜のサポートカードが非常に充実しているため、それらを多用する。
構築によっては【星竜】幻羅星龍ガイ・アスラを投入した逆パターンのデッキになることもありえる。

他色を混ぜる場合には【超覚醒】での回復回数を増やせるコアブーストが得意な、除去に対して耐性を得られるとの組み合わせがメジャー。

スピリット

  • 鎧竜人アンキロング
    超覚醒】を回収し、コアが動かせないデメリットを解消するの小型。
    発動が自身のスタートステップと遅いため、生き残らせる必要があるのが難点。
  • 陰陽童
    ソウルコアを置いてある限り完全耐性を得られるの小型スピリット。
    除去されないため【超覚醒】でのコア置き要員として機能する。
    互いのボイドからのコアブーストを封じるため、こちらも緑のコアブーストが行えなくなる諸刃の剣。
  • 煌星第五使徒テティス
    赤のスピリットになら何でも《煌臨》できる星竜
    煌臨時やアタック時にドローを行えるため、序盤は単純に召喚して手札補充、後半は《煌臨》で【超覚醒】のデメリットを帳消しにできる便利な1枚。
  • フォボス・ドラグーン(リバイバル)
    創界神ネクサスが前提となるが、大型スピリットを容易に召喚できる性能を持つ星竜
    指定アタックによるコントロール性能も高い。
  • ヤシウム(リバイバル)
    アクセル】でトラッシュののスピリットを、召喚時にはブレイヴも含めて回収できる星魂。制限カード<1>に指定されている。
    超覚醒】持ち本体だけでなく、餌となる小型スピリットも回収できる優秀な1枚。
  • ヤン・オーガ
    破壊時に最大3コアブーストするのスピリット。
    超覚醒】持ちを破壊できるライフチャージとのコンボでの6コアブーストは有名。
    ただし召喚するだけで何かしらのコンボデッキだとバレてしまう可能性が高い。
  • エイプウィップ(リバイバル)
    召喚時に1コアブースト、ソウルコアを使用していればトラッシュに2コアブーストできる緑のスピリット。
    1度の召喚で次のターンから使えるコアを3つも増やせるため、序盤に召喚できれば儲けもの。
  • 仮面ライダークローズ
    アタックステップ開始時にトラッシュのコアを2個回収できる。
    軽減も多くアタック時にドローもできるため、【超覚醒】の回復要員や手札補充要員として活躍が期待できる。
  • 選ばれし探索者アレックス
    ほぼ妨害されることのないアタックステップ終了の【バースト】を持ち、このカード1枚をセットしているだけで安全に攻めることができる守り札。
    超覚醒】の影響で使用できるコアに制約があるこのデッキでは、コストのかからない防御札は最重要となる。
    召喚後は全色のシンボルとして扱うため、他色のカードの軽減シンボルなどに利用できる。
  • 天地神龍ガイ・アスラ
    合体することで【超覚醒】を得る星竜
    ブレイヴ除去に弱いため、何らかの効果で耐性を付与したい。
    コスト8と高い割に軽減は3つしかないため、各種召喚サポートは必須。
  • 幻羅星龍ガイ・アスラ
    コスト10と非常に重く、最大レベルには維持コストを10も要求する、【超覚醒】の代表格とも言えるこのデッキのキーカード。
    普通に召喚するのはかなり難しいので、ビッグバンエナジー彷徨う天空寺院を使っていきたい。
    Lv4で維持できれば大半のアルティメットにも殴り負けないBP30000に達し、さらに破壊した相手スピリットのコアをボイドに送る非常に凶悪なスピリットと化す。
    轟魔神などLvを最大としてブレイヴとの相性は良いが、相手ターンにBP30000のブロッカーとしても活躍できるよう、なるべく事前にコアを用意しておきたい。
  • 超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)
    コスト6以上の星竜に《煌臨》できる星竜
    煌臨時にコアを全回収しつつ、アタック時に互いの手札を全て破棄させる豪快な効果を持つ。
    このデッキでは特徴的なライフ回復こそ行いにくいものの、サブアタッカーとして採用することとなる。
  • ホウオウモン
    コスト5以上のスピリットに《煌臨》できるのスピリット。
    トラッシュからでも《煌臨》できるという唯一無二の効果を持ち、トラッシュに1枚置いておくだけで【超覚醒】で縛り付けてしまったコアをリセットできるようになる。

アルティメット

  • アルティメット・ガイ・アスラ
    Uトリガー】がヒットすれば、自分のスピリットのコアすべてを吸収してライフにダメージを与える大型のアルティメット。
    サポートなどは一切共有できず相性が良いとは言えないが、最大BP50000を誇るガイアスラ一族としてロマンの一環として投入するのも一考。

ブレイヴ

  • シンボルあり
  • 幻魔神
    左右で6色全部の【超装甲】を使い分けられる異魔神
    これ1枚で大抵のデッキ相手に耐性を持って対処できる。
  • 砲竜バル・ガンナー(リバイバル)
    アタックの度にドローと低コストスピリットの破壊が出来る。
    Lv4の幻羅星龍ガイ・アスラと合体することで、破壊したスピリットのコアをボイドに送り相手のリソースを削れる。
  • 熊魔神
    【右合体時】では【真・激突】、【左合体時】ではアタック時の小型バウンスとコアブーストを付与する異魔神
    超覚醒】を持つスピリットを左側に合体させ、適当なスピリットにコアを置くことで無限アタックが成立する。
    鳥獣魔神などと比べても単色でも成立するため狙いやすい。
  • 鳥獣魔神
    アタック時に疲労効果と合体スピリットへのコアブーストを発揮できる異魔神
    赤の破壊効果が通用しない相手を疲労させて無力化させつつ、左右に合体させることで合体スピリットへのコアブーストを利用し、【超覚醒】の無限発揮を狙う。

ネクサス

  • 灼熱の谷百識の谷(リバイバル)
    ドロー加速を行うネクサス。前者は制限カード<1>に指定されている。
  • 十二神皇の社
    同じくコスト8以上のスピリットの召喚補助ネクサス。
    こちらは配置コストの軽さと効果が重複するのが利点。
  • 侵されざる聖域
    コスト8以上のスピリットに耐性を付与する。制限カード<1>に指定されている。
    特にバウンス効果を要するへの耐性を得られるのが大きいが、耐性を付与しづらいへの耐性を得られる点も優秀。
  • オリン円錐山
    のスピリットすべてにバウンス耐性を付与しつつ、Lv2になるとドローステップでのドロー枚数が増える非常に優秀なネクサス。

創界神ネクサス

フォボス・ドラグーン(リバイバル)の召喚時効果を使うならば必須。

  • 馬神 弾
    星竜だけでなく星魂やブレイヴ全般で《神託》できる創界神
    神技】による小型破壊やネクサス破壊で安定してテンポを取れる優秀な1枚。
    神域】は合体こそ必要だが、何度も回復とアタックを行う【超覚醒】持ちとの相性は抜群。

マジック

  • スターリードロー
    デッキから最大3枚の光導/星魂/星竜を補充できる。
    デッキ内の指定系統の比率を高めておかなければ損をすることもあるため、デッキの内容によって採用するかどうか決めたい。
  • ライフチャージ
    コスト3以上のスピリットを破壊することで3コアブーストを行う。
    超覚醒】のためのコアを確保するために使用するのが基本だが、緊急時には【超覚醒】スピリットそのものを破壊してコアを用意するプレイングも必要となる。
  • メロディアスハープ(リバイバル)
    スピリット/アルティメット1体の効果を1ターンの間無効にする。
    自分の【超覚醒】スピリットに使用することで本来取り除けないコアを回収でき、次の相手ターンから再び【超覚醒】を行える。
    また、の【重装甲】をばらまく水晶竜シリマナイトの耐性を掻い潜って無力化させることができる。

デッキの動かし方

序盤はコアブーストとドローに重点を置き、【超覚醒】スピリット召喚の下地を作るのに専念する。
超覚醒】スピリットを召喚できれば、【超覚醒】の餌となるスピリットとコアを切らさないようにしつつ、相手にアタックを仕掛けて決着を付けるのが主な流れとなる。

フォートレスキューブを配置し、【超覚醒】スピリットに白のブレイヴを合体させれば、【超覚醒】を発揮するたびにコアが増えるので、無限にアタックできる。

動きとしては中速~低速であり、1枚のエースに頼り切りのデッキになるため得手不得手がはっきりと分かれてしまう。
その分しっかりと準備ができたときの爆発力はすさまじい。

弱点

超覚醒】持ちが軒並み高コストなのでどうしても展開が遅れてしまう。
展開の早いデッキへの対処をする為、防御用のバーストやアタック抑制ネクサス等も採用を検討しよう。
またアタック後のフラッシュタイミングで【超覚醒】を使うためマジックや【アクセル】で除去されやすく、白晶防壁のようにデッキを選ばず投入されているものには特に弱い。
また、回復してアタックするのが基本戦術となる以上、回復メタである星空の冠華黄の城門は天敵。
他にもコア移動を封じる白羊樹神セフィロ・アリエスバイオ怪獣ビオランテ、回復そのものを封じるアドペンタン&チャールといったスピリットも【超覚醒】の天敵と言える。

超覚醒】は除去しない(されない)限りコアを外せないため、発揮のたびに使用できるコアが実質的に減っていく。
防御用のコアも確保できるようデッキ構築・プレイする必要がある。

リンク

デッキ集
星竜




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-30 (木) 00:44:35
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索