【アプロディーテ】

概要

超煌臨編 第1章:神話覚醒から登場した創界神アプロディーテ及びその眷属である「神華の妖精」を主軸に据えた系統楽族のテーマデッキ。
デッキに占めるマジックの比率が多く、既存の【黄マジックコントロール】のような動きをする一方で、バトルによってライフを奪うことに特化したフィニッシャーが多く属し、振り切った構築で速度を高めたり、ライフ回復ギミックを絡めて一撃必殺を狙うなど、構築の幅が広い。
断続的に強化されていた【楽族】ではあるが、ここに来て大きくテコ入れされ、環境の一角への大きな1歩を踏み出すことになる。

構築

前述の通り、【黄マジックコントロール】のようにデッキの約半数をマジックが占めることも珍しくはなく、枠の縛りがかなり厳しい。
神華の妖精アザレアクローバーフィールドなどの耐性を付与するカードで盤面を保ち、スピリットの採用枚数は最小限に抑える構築が一般的。

スピリット

  • 低コスト
  • 神華の妖精アザレア
    キーカードその1。序盤で腐りがちな高コストマジックを手札に変換しつつ耐性をばら撒く。
  • 中コスト
  • 神華聖霊アプロ・ウラニアー
    キーカードその3。除去、打点、回復とシンプルながら強力な効果が揃う。【召喚/破壊後バースト】や複数シンボルメタ、回復メタとほぼ全ての対策カードに引っかかる一方、軽減の多さを活用し序盤に召喚した時の決定力は目を見張るものがある。
  • 幻獣神姫エキドゥナ(Rv)
    専用効果の【神聖命】、簡易的な耐性とマジックの踏み倒しを持つ中型。
    全ての効果に代用がいるという悲惨な御方であるが、1体で賄えるのは非常に大きい。
  • 高コスト
  • 神華霊姫ダリア・ムーンワルツ
    コスト8、ブロック不可かつ回復効果を持つダブルシンボル、高いBP、更にはカードの種類、効果の分類問わずコスト4以下のコンバットトリック全てを封殺するという強烈なスペックを誇るフィニッシャー。
    黄魔神などを合体させて4点からの突然死をプレゼント、なんて芸当も。

アルティメット

  • エジットの天使メジェエル
    楽族を得る効果を持つアルティメット。
    マジック回収の都合上サーチカードはカテゴリを指定していないため、アルティメットであるこのカードも多くのサーチに対応する。
    フィールドでは神シンボルの供給源となる。

ブレイヴ

  • シンボル有り

ネクサス

  • 幼き創界神ロロ
    主に神軽減目的の採用となる。
    手札保護によってこの手のデッキの天敵であるマジックの使用制限に対してある程度の耐性を得る。

マジック

主に楽族や【】を持つマジックを多めに採用する。

  • プリムローズフィールド
    擬似ゴッドシーカーとも言える効果を持つ。基本的に腐るタイミングが無いので優先して採用したい。
    ライフバーンを無効に出来るため、【光導】などに強く出れる。
  • ガーデニアフィールド
    デッキ破棄メタ、フィールドのマジックのシンボル化、バーンダメージの軽減と、有用な効果を詰め込んだ贅沢な1枚。
    これだけの効果を持ちながらメイン効果がドローであり、3枚採用しない理由を見つける方が難しい。
  • オニユリフィールド
    ターン追加を行えない効果を持つ。
    ほぼ名指しのメタ効果であるが、フラッシュ効果が耐性を貫通するバウンス効果であるので腐りづらい。

デッキの動かし方

創界神ネクサスガーデニアフィールドなどでシンボルを稼ぎ、プリムローズフィールド神華の妖精アザレアなどで高速でデッキを掘り進めながらフィニッシュを目指すのが基本戦術となる。
開始2,3ターンで神華聖霊アプロ・ウラニアーを召喚、そのまま決着する事も珍しくなく、緩い条件で耐性を維持出来ることも相まって早いターンで対処することが難しい。
またある程度の防御水準はキープしており、選ばれし探索者アレックスのお家芸であるライフ回復ギミックを取り入れることにより相手の息切れを狙いつつ神華霊姫ダリア・ムーンワルツで一撃必殺を狙ったりと構築によって戦術に大きく差が出るのも特徴。

弱点

マジックを大量投入することから、当然手札事故の可能性が片隅にチラつく。また、高速でデッキを掘り進める都合上、デッキ破棄にも弱い。どちらも構築時にある程度の対策ができる問題であるが、完全に防げるかというとやはり難しい。
また、盤面を崩されると建て直しがかなり厳しく、こちらのフィニッシャーの対策が比較的容易なのも相まって不利な状況に陥るとリカバリがほぼ利かない。

デッキの派生

【綾芽ワンショット軸】

戦国姫 綾芽をフィニッシャーとしてそのシンボル増強効果での一撃必殺に特化した構築。
創界神アプロディーテでコストを下げた狐葉楔をノーコストで4回使用、美神霊杖バタフライ・エフェクトでアンブロッカブル化してアタックを通す。
これらのカードを揃えるためのサーチ、防御手段を他の型よりも多めに採用する。
また、綾芽の召喚時効果でマジックを回収できることから楽族を持たないマジックを他の型よりも採用しやすい。
ただし、ただでさえ気を付けなければならない事故率が更に高くなる点には注意したい。

関連リンク

デッキ集
【黄マジックコントロール】




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-16 (金) 19:50:02
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索